#4:ジュース断食:いろいろのこと

人参ジュース断食後の、このところの私の関心事、食事のことなどなど、を今日の記事に書きたいと思います。

まず、
<<<癌の事、

がん患者さんは、ジュースでの断食は出来ませんでした。
なぜか?
ズバリ!痩せてはいけないようです。体力が無くなると怖いようです。
癌は、糖分を栄養とします。で、体にはいってこなければ、体内の糖分をセッセと消費するそうで、どんどん痩せて行く、、というような事だそうです。

ジュース断食に一緒に行った、私の大事な人で癌闘病中の彼女は、玄米菜食の食事が出ていました。
人参ジュースは朝のみ。
癌の方は、断食するのは気をつけないと行けないという事でした。

また、
先生もおっしゃってましたし、彼女も、実際そうでしたが、
癌は冷たい所に出来る、、、ので、癌がある場所を触ると、冷たいそうです。

癌は10年から20年かかって出来てくるそうですので、時々体を触って、冷たい所があればそこを暖めてあげるのはがん予防の一つにもなるやもしれません、、。

又,常に自分の体を触って,自分の体の状態を知っているのは大切です。
子供や,夫の体も体のどこかに冷えている所がないか、チェックして、お母さんはホームドクターに!

<<<ねばねば丼

ネバネバが体にいいのはよく知られている事。
細胞に良い水分を保ち続けるには保水性のある物を摂ることですが、
ネバネバ食材には、その保水性があるそうです。
食材はというと、
山芋、里芋、おくら、もずく、わかめ、納豆、なめこ、牡蠣、カレイの煮こごり、など、、。

そこで、うちとこでは、
山芋、モロへイア、カゴメ昆布、納豆を細かく切ってごちゃ混ぜにしたものを、ご飯の共にしています。
これは、結構以前からの我が家で人気メニュー。
b0167153_2273342.jpg

山芋と、モロへイア納豆&お昆布の戻したもの、などを混ぜまぜにする。


<<<切り干し大根

大根は、酵素豊富な解毒ヤサイ。
我が家では常備ヤサイである。
でも、大根は、陰性食品。
干して切り干し大根にすると、陽が加わり体を暖める食品になる。
体暖め作戦実行中の我らには、切り干し大根を常備菜にしています。

特に、今帰省中の次男の好物である。彼は、一袋などぺろりと平らげる^^;
b0167153_2212682.jpg





<<<苺と農薬
b0167153_22333286.jpg

苺は農薬がたっぷりかけられる果物だと言う。

それが、ケーキなどに使われる際、洗うと傷むから、洗わないで使われるらしい。
さる業界の人から聞いた話だけれど、本当だろうか?!

苺入りのケーキなど、外では食べる気が無くなってしまった^^;

これは、クレヨンハウスで求めた苺。
一パック900円位する。
季節にたまに頂くおご馳走になる。

<<<ちじみほうれん草

岐阜の友人のご近所さんの作品。
安全なお野菜作りをしておられる方が、下さったそう、、。
大きな段ボール箱一杯送られて来た。

この頃デパ地下などで、よく見かけるちぢみほうれん草。
しっかりしたほうれん草のお味がする。
甘味がありとても美味しい。

ビタミン豊富、ミネラル、それにアミノ酸もあり、貴重な植物性のたんぱく源となる。
胃腸系、婦人系によい。

シュウ酸が体に悪いと言われているが、一人何束も食べない限り害はないと言われている。
生でジュースの材料にもいい。


b0167153_22223415.jpg

ほうれん草のしゃぶしゃぶ、
生の物をさっとオリーブオイルでソテーしたものなど、
とても美味しく頂いた。
冬の緑のお野菜補給には,当分このちぢみほうれん草で〜!ありがとう〜!又、送ってくだされ〜!いやいや,,今度はこちらから注文させてもらいまっす^-^

このブログは、私個人の日記であり、記録として書いている物です。このブログ内の記事は、いかなる医学的なアドヴァイスなどを主張しているものではありません。このブログを読まれた方が健康維持の為の情報とされる場合は、各自の責任と判断でなさって下さいますよう。
by caelumselfhealing | 2010-02-24 22:45 | 野菜ジュース
<< #4ジュース断食:ジューサーのこと #3:ジュース断食: 水毒の実践編 >>