Naturopathic Nuturition+:安全な食卓

庭のアネモネ、、、、去年植えたものですが一輪だけ咲いて来ました!^-^/


b0167153_12474027.jpg





>>>>>>>          <<<<<<<<

b0167153_90513.jpg

未曾有の大きな危機の中、今本当に求められる安全な食卓!!!。

えらいこっちゃでございます!
過剰反応はしたくないけれど、、、、。
これだけの危機がどう連鎖して行くのか、、、
政府がチャッチャと対処して行くのが、これ以上の混乱や被害を避ける道ですが、、、。
誰が考えても,このような事態では、周辺の海や土地に汚染はあると思うでしょう。

冷静に各々が対処する事が最大の防御です!

それには、正確な情報を得る努力怠らない様に!
それぞれの自己判断の助けになる情報はひつようですから、、、。

全国の放射能濃度一覧は、助けになります。
http://eq.sakura.ne.jp/
水道水や雨も、、、、、。
http://atmc.jp/ame/

でも、、、
”知らぬが仏!”って事もありますが、、、、笑



さて、
特に、未来ある若者や子供達には何を食べさせたらいいのだろう?!
自然療法研究家的には、どう対処したらいいのか?

海藻について
まず、こちら海藻について、、
ある自然食やさんの店長さんから、
わかめを食べろと広がってるが、、どうでしょう?
って聞かれました。

まず,わかめは、海草類の中でもヨードは少ない部類ですから、、
わかめと言うなら,昆布でしょう。

海藻摂取には、放射性ヨードに対する防御としての意味はないとか、
色々言われていますが、、、
緊急な薬剤摂取と食事で摂取するのは、全くイミが違うので取り違えないようにしてください。
あくまで,自然療法での食事療法の観点、、、
体を自然治癒力を発動させて癒す。化学物質に頼らず,自然な物、野菜等の食品やハーブなどで体をケアする、、、という観点からですから、、、。

そう言う観点から、今、何がよいか、、となったら、
食事からヨード摂取に努めましょうという事になります。

そこで、まず、

自然療法的食養生では、ヨード摂取の供給源には、海草類がベストとなります。
また、他のミネラルも豊富なので、優秀な食材となり,大方の自然食療法で、
海草類は努めての日々の摂取を薦めています。


でも,ここで,気をつけないといけない事があります。
海の物は、もうすでにある程度 汚染されているものもある、、という事です。

>悲しいですね、、、、。

日本の海には、原発があります。(訂正:原発は海のそばにある)
また、化学物質、重金属などの汚染もあります。

以前の安全な食卓記事で書いていますが、、
アメリカのスーパーでは、魚等の棚には、Warning警告があり、
魚などは、水銀やカドミウムなどに汚染されている可能性があるので、幼児や病気の人は気をつける様にと。
日本では、それらの害より魚摂取から得る栄養の利点の方が上回る,,等の点から、安全生の懸念が消されたようです。
どちらを取るかは、各人の、それこそ判断ですが、、、。

海草類も、気をつけないと、物によっては汚染されているようです。
で、それはどれが?とは言えないので、摂取には難しい所です。

そういうことですから、海草類の同じ物の急な大量摂取はやめましょう。

ちなみに、
日本人は、他の国、例えば砂漠地帯の人達など海の物を常食としない国の人達と比べると、元々ヨードが既に体内に多くある傾向だと言われています。

グリーン野菜

グリーンハウスや野菜工場のもの

野菜類で不安なら、外気に触れずに作られた物を選ぶのも一つです。

スプラウト類は以前から推奨しています。
また
野菜工場の物は,完全に安全かどうか疑問は多々あるのですが、、、
本当にクリーンな環境で作っているか、各会社の姿勢にかかって来ますから、
各々で食べてみて感じるしか安全かどうか分からない、、、というのが難点です。

>発酵食品については,続く、、、、、


b0167153_904294.jpg

by caelumselfhealing | 2011-03-22 12:40
<< ああ息子!: 3/23/... 判断 >>