カテゴリ:子育て( 8 )

子育て:感を養う:新居選び

b0167153_21272739.jpg


我が家は、よく引っ越しをする。
結婚後、アメリカも併せて11回引っ越しをしている。

引っ越しという、一家の一大イベントは、我が家の子供達の大切な教育の場であった。

、、、というのも、引っ越しでの一番大事な転居先の新居選びに、子供達の”感=観=勘”を養う事をするからである。。。^^。。。

新居を探す時に、必ず子供達に ”土地を観る”と言う事をさせていた。

土地や家を見て、ここに住むのはどうだろうか??と、子供達に聞く。

彼らが、5〜6才の時からさせている。
彼らは、大人の見えない物や感じない事を感じるから、至って的確な事を言ってくれる。

徐々に、土地や家を見る目が養われて行ったと思っている。

土地を感じ、家を観る、、という事をして、転居先の、心地よい家を探すのに役立てる。

では、我が家の新居選びの心得を:

まず、転居先の近所を実際、自分の足で歩く。

新しい家や部屋に入って、五感六感を研ぎすまし、いやな気がないか感じる。
<これは我が家の男どもは、至って優秀である.>

ポイントは、築年数15年以内、近くの環境。病院が近いのはNG。産科、幼稚園、学校はGood。

配管がきれいか、水回りの新しい事。 カビ、湿気の感じ。匂い。 日当り。 風の流れ。

そして、これが一番大切!
いやな”気”がないかどうか、、、。これは、霊的な物や、電磁波など、のこと。

家の息子達は2人とも、目に見えない何かの探知には長けていた。
特に次男は敏感で、結構いろんな人からよくわかると、次男に聞いて来た人もあったもんだ。

今回、次男の新居は次男が一人で決めて来た。
ちゃんと観た、、といっていたのに、部屋の横が信号機だったのには、心配しました。(前回の記事)
でも、、私も、実際部屋はいやな感じがしなかったのだが、、、で、調べたら、これは取り越し苦労だったようです、

信号機は、普通の電気製品並みの電磁波のようで、モーターがついている自販機の方がよっぽど心配だそうだ。

電磁波については、大きな送電線、鉄塔などは論外的にNG 。
、、だけれど、日本はそこら編の規制がないから、マンションなど鉄塔や送電線等の真横に建っていて、無神経というか無知には驚いてしまう.アメリカなら裁判沙汰だ。

<電磁波は今を生きる我らには防ぐ手だては、電磁波を発する物から距離を置く、、以外今の所なさそうである。
電場を防ぐ事は出来るが、磁場を防ぐ事はできないそうだ。>

さて、土地を観る、、という教育は、新居探しのためだけではない、 本当の目的は、生きる為の感を育てる、とこに繋がるからだ。
一種の帝王学の一つ、、と言えば、オーバーかな?!
003.gif
ま、そんな感じです。
by caelumselfhealing | 2010-03-30 22:15 | 子育て

子育て:不登校転じて福となす

今、愛子様の問題がニュースで取りざたされていますが、、なんだか、大事になって大変ですね^^;
ま、それについては何とも言えませんが、、。

昔の事ですが、家の、息子達も、不登校でしたの、、、^^;


でもね、、それで良かったって、今にして思えば思えて、
それこそ、学校に行かなかった事に感謝してるくらいです(笑)

うちらにしては、今の時点で大結果オーライになってる物で、、、041.gif
不登校転じて福となす!だな、、、なんて、想いを巡らせている今日この頃^-^。。

うちの不登校問題ッて、、こういうこってす。

今から13〜4年前がピークでした。
一番の原因が、学校における”迷惑行為”(?!)今はそう呼ぶのですね、、(笑)
当時は暴力教室とか、学級崩壊と、呼ばれていて、

塾へ行っているお受験の子たちが中心で、学級を崩壊さすという、。
お決まりのコースが、生徒たちが先生の授業がばからしく、授業中騒いで暴力を振るう、先生の言う事を聞かない、、そして、先生が精神を病み休む、親を呼んでも出て来ない、生徒たちは授業中それぞれの受験勉強をして自習する、等など、、です。

学校は、臭い物には蓋の姿勢を貫き、先生と学校を守るだけで、
子供たちには、なんら解決策や、指導すらない状態でありました。


その頃の私は、子供たちが学校にいかないのに、担任の先生から泣きつかれて、PTAの役員になり、あほらしい事この上ないことでしたが、子供の代わりに毎日のように学校に行っておりました。

まず、我が家では、塾&お受験を鼻から否定して、一風変わった教育法をしていたので、
学校に行かなければならない、、とは思ってはいなかったので、不登校を、まあいいや、、と、
高をくくっていましたの、、。
そして、
学校の実態がひどい物でした!(ちなみに公立です)
毎日PTA役員として通う事によって明らかになるにつけ、日本の学校教育は駄目だと、真底思い、
行かない方が良い、とまで思っていまして、、、、
子供の好きなように、やらせていました。

見事に、殆ど学校には行かなかったですね(笑)

でも、2人の息子達が2人ともなので、、長引くと、これがまた実際には結構辛い!!!

実は、母子とも心の奥では、傷ついているんですね、、これが、、。
この先どうなるのだとの先行き不安と、学校に行かない事は悪い事だという先入観があって、
特に、世間がその頃には、まだ不登校に理解がなかったので、
形見が狭いということで、段々自分たちが、おかしいと、思ってくる。

これは、へたしたら、ずっと引きずるトラウマになります。

これは、なかなかに、よっぽどの意志力がなけりゃ、精神的に参って来ることなんですよね。

で、日本の教育を見限って、アメリカに行きたいと強く想い始めました。

想えば、想いって実現する物です。
ちょうど うまい具合に、夫の会社の関係でアメリカへ行ける事となりました。

その点、幸いにも全てがうまく行く、とてもラッキーな事が重なったのです。でも、
夫が、逆単身赴任状態になり、一人日本に住んだのですが、それが一番の犠牲と言えば犠牲でしょう、、。
ま、これはさておき^^;

子供たちが、機嫌良く学校に通っていたら、アメリカ転居は実現しなかった事です!
親戚は、双方の実家ともに大賛成してくれて、喜んで見送ってくれました。
こんな事がなかったら、アメリカで子供たちを育てるなんて、誰も私の我が儘としか思わなかったでしょうから、、、。

実は、アメリカに住んで子供を育てるというのは、結婚してからの私の夢でしたの、、、。
”アメリカで子供を育てグローバルな教育を!”という、
私の夢が、叶った訳ですから、災い転じて福となす!と、子育てが終了した今、真底思う訳でして、、。
アメリカへ行って、日本での不登校での問題より、さらに問題は一杯出て来たリと、順風満帆ではありませんでしたが、アメリカで教育を受けた事が子供達にとって、大きな力になったと、大成功だったと思っています。
b0167153_1245543.jpg

         <アメリカの現地の公立のハイスクールの卒業式です。マンモス校でして、フットボールのスタジアムで行われました。>

ちなみに、息子達は、実は殆ど小学校の高学年の勉強が出来ていません。
アメリカへ渡ってからも、1〜2年は、英語習得に半分以上の授業が費やされていましたのでね。

でも、今や、日本の私学最高と言われる慶應の経済と法学法律科に行ってます。
(帰国子女受験でですが、、^^;)

勉強は、はっきり言って、我が家の事ですから、そんなにしてないんですよ。
でも、ま、そんな中、お兄ちゃんは、今年順調に4年で卒業し、第一志望のグローバル会社に即決内定をもらい、
本人の思った通りの道を歩んでいます。

次男は、英語の本を読む方が楽だったというのに、日本で弁護士目指して頑張っている。
法律用語の難解さと漢字の羅列に四苦八苦〜〜してましたが^^;

日本に大学入学で帰国した訳ですが、慶應に合格したというと、皆の扱いが一変したのには、
驚きました。反響の大きかった事ったら、笑えちゃいました!
なぜなら、日本を離れる時は、あの不登校児がどうなる事やら、、と思われていたようでして、、、(笑)

私たちはそれほどとは思っていなくって、慶應入学ってそんなに値打ちがあるものなのか、息子共々びっくりした次第。(笑)

別に、慶應に入ったから結果大オーライじゃなく、自分の想いや夢を実現させる力、それに向って自分で考えて、着実に進んで行ける力を得た事、、これがうちでの、オーライで、、。
あの、悶々とした不登校の時期があってこその、今がある!と思っています。

次男は元々、幼稚園から不登校気味の子で、よく小学校の校門で泣いていたもんです。
それを見て、いつも犬を連れて散歩してる近所のおばあちゃんが、言ってくれはりました。

”この子は偉い子になるよ!怒ったらあかんよ!小さい時から辛い事を知ってる子は、大きいなったら人の痛みが分かる子になる。将来立派な人になる”、、と。

この言葉は、ありがたがったですね。
今は泣いているけど、今に大きいなったら!!!どやさっって!(笑)
竜馬の姉の乙女見たく、今は泣き虫だけど、大きくなったら人物になって社会に貢献する子に〜〜!
って、親バカチャンリンに思ってましたの^^;。

でも、この親バカが、子育てにはとっても大事な事だと思います。
これで、子供は救われる。

さて、
人の痛みが分かる、、、これは、何よりの教育なんじゃないでしょうか!

また、
不登校の問題にては、学校に行けない事を、クローズアップしてはあきません。
私の経験から、言わせてもらえば、、、.
理由はなんであれ、行く行かないじゃなく、その何かの問題を本人と母親(これは絶対父親じゃなく母親が大きい)で、対処して経験として乗り越えて行くべき物。

何処に行こうが、今の世の中、学校は問題ありです。子供もその親も問題あります。先生も!

学校だけにとどまらず、生きて行く上には、色々ありますって!

そこで、
他のせいにしない事がこういう事での、味噌です!
他のせいにすると、せっっかくの学びが、なくなります。
さらに、
被害者意識は、持ったらあきません。どんなことも、他人のせいにしてはあきません。
本人や、周り(母親)が成長する上で乗り越えるべき、今生のテーマの一つととらえるべきです。
人のせいにしてると、子供でも卑屈になっちゃいます。それは、怖い事です。
人間、誇りをなくしたら、どうにもなりません。

幼少時のある種の苦労は、いい事です!
それで、人の痛みが分かるようになる、というのは、すごい事ですから。

ましてや、世界に目を向ければ、日本の子たちは、めちゃくちゃ恵まれています。
貧困や、内戦などの下で育ってる子供達と比べると、何と幸せな事か!
世界を広く見て、今を感謝することです^^。。

また、こういう事を体験していると、自分がされていやな事と言うのが分かります。
そういうことは人にはしない事、人が可哀想と思う、これが分かると、人生における基本的な倫理観が育つから、いいもんです。


長くなっちゃいましたが、、、^^;
問題は、本人がどう乗り越えるか、自分を練らせて経験さすこと、そうすると、自ずと道は拓ける!です。
これは、根を育てる事になります!
父や母は、じっくりその痛みを共有して、支えるのみで、忍耐あるのみです!

そうしていると、不登校も転じて福となす!って、今に言える!
これが一番言いたい事でした(笑)

今日は、不登校経験談ってなっちゃいまひた〜006.gif

       <当時の息子達の救いとなった、ミュウ、、動物はいいですね!母には及ばぬ所を癒してくれる。ありがたいこってした。>
b0167153_1102490.jpg
b0167153_1121433.jpg

by caelumselfhealing | 2010-03-09 13:18 | 子育て

次男の帰省

東京の大学に行ってる次男が帰って来ました。
明日から,私が旅行に出るので、お留守番がてら帰って来たもの。
ミュウとクルパに会いたいってのもある^^。。
(断食クリニックに行ってきます、癌闘病中の大事な人の付き添いです。又その件については報告しますね)

b0167153_10285275.jpg
最近、ぼちぼちと昔の写真←↓を、i-Macに取り込んでいるんですが、、、なんだか,見てたら泣けて来ますね^^;

長男は、
昨年夏から卒業旅行に明け暮れています^^;
今月も、この間タイに行っていたと思ったら、今度はアメリカです。
7年程住んでいたホームタウンに行くので、友人のお家に滞在。

費用はバイトと、親(うちらです)からの借金です、初任給は消えちゃうね(笑)
いよいよ,この4月から自立します。
本人はずっとやりたかった 海外で活躍する、、という仕事で、
入りたかった会社に入る事が出来たので,今は早く会社で働きたくてしようがないらしい。

未来に向けて希望に燃えている。
彼は,外へ向って出て体験積んで学んで行くタイプ。
小さい時から,異文化に接していろんな体験が出来た事は、彼に取って何よりの教育だったと自負している。

次男は、今年の司法試験にチャレンジするらしい、、、。今こつこつと勉強している。
今年が、ロースクールに行かないで受けられる最後の司法試験である。
(司法試験制度が変わったので)
現役の大学生の合格は少ない。
まず、彼には力試しという所で、まったく受かる確率はないらしい。
でも、その挑戦する姿勢はおおいに買う所である、、頑張れ〜!
次男は、又長男と性格がコロッと違って、外へ行くのが面倒なほう、、、。
漫画や本や、CPに,ゲーム、、ほっといたらおたくか?!(笑)
ま,その分勉強するタイプかな?!
。。でも、日本の勉強を凄くしてる人達と比べたら、彼など、てんでお呼びでない、、、。
遊ぶとこちゃんとあそんでるし、、友人も各方面で多い。
で、本人、忙しいてしゃあないわ、時間が足りんわ!とこぼしてる。
小さい時から、勉強ばかりしなくとも出来るようにと、集中力と勘を養う教育をして来たお陰と自負している。

年子で男兄弟を育てて,大変だったけど、性格が全く違ってて面白かった。


b0167153_2326335.jpg

b0167153_23241682.jpg


本人たちも、2人で年がひっついていて、助かった事が多いようで仲がいい。
特にアメリカへ行った時は、2人でよかった。
アメリカ人の中で、ポツンと日本人がいて、大人が考えるように子供は親切じゃないし、簡単に打ち解けてはくれない。2人で,子供なりの修羅場を超えて来ている。帰国子女は大変なのだ。
その結束感もあって、2人の絆は強い、、。

親として,兄弟仲がいいのは最高の幸せである。


ではでは、、明日から3日間程留守します〜!行ってきます!


あはは、、クルパも幸せ〜次男の顔近くにへばりつくように一緒に寝てる^^。。えへ、、うれち〜〜って!
b0167153_11514443.jpg

by caelumselfhealing | 2010-02-12 12:02 | 子育て

Daydreaming......

今日は次男のお誕生日です〜!おめでとう〜〜067.gif  というより、これか、^^→068.gif

彼は今、親元を離れて3年、,,花のお東京の大学生を満喫してて、なかなか家には帰ってきませんの、、^^

専業主婦で,子育て一辺倒だった母は、子の成長に嬉しくもあり,寂しくもあり、、

あの夢のような時をもう一度!!!!!
、、、、、、いやいや、、やっぱ、もういいわ,,,(笑)



『お母さんの宝物ってなにぃ〜?』
『それは、K!』

、、、で、得意げな満足そうな顔して、、うん、ってうなづいた。


はあ〜〜〜いったいいつのことだったろう、、って、、、、〜〜〜夢の又夢なり〜〜T^T。。。




↓これは、4〜5才の頃、、、アトピーもすっかり治って,お顔におとうさんのアメリカ土産のペインティングしてもらって、ノリノリのご機嫌さん〜〜!
b0167153_1732441.jpg

生後3ヶ月でアトピーになったのは、きつかったです、、
でも、彼のアトピーのお陰で、自然食や自然療法,ひいては代替医療まで研究実践するようになり、母の人生がコロッと変わったのであります、家族全員のもね、、^-^/

そのお陰で、みんな健康で、結果大オーライであります〜〜!!!
ほんま、アトピーに感謝です!

今や、手元を離れ,野に放たれた虎ちゃん、、、
あれは 夢 の 又 夢〜〜〜〜 母のdaydreamingな一日でありましたとさ,,,,,。

よいお誕生日でありますように、、、、
024.gif
by caelumselfhealing | 2009-11-06 17:54 | 子育て

子育て:ミルクについて

ミルクは体にいいか悪いか、、、、賛否両論あるようですが、、、
我が家では、否 を採用しております。

夫と私がミルク飲めないことも、大きな一因ではありますが、、、。

食養生でも、
”牛乳は牛の赤ちゃんが飲むもので、人間が飲む物ではない”
環境問題グループからは、
”牛の赤ちゃんは飲ませてもらえない、無理に授乳を作るのでホルモンがはいっている、”
などなど、、、
否定論しかはいってこなかったので、これ幸いと子供達に飲ませませんでした。

我が家は、きっと皆さんビックリされると思いますが、背が高いです。
Boys達は、夫も含め192cm以上ありますし、私も173cmあります。

アメリカでもとても背が高い我らでした。

子供達は小さいときから高かったです。

それで、面白い話があります。

小学校の運動会で、
長男の同級生の男女が、夫にまとわりついて、
”おっちゃん、、,背ぇ高いなぁ〜〜〜小さい頃牛乳一杯飲んだ?”
と聞いたそうで。
夫は正直に、
”おっちゃんは、牛乳嫌いやったからそんなに飲んでないよ”

その子達は、親から、
”背が高くなりたいなら,ミルクを飲みなさい!”と無理矢理飲まされていたんだそうです。

、、で、後日、そのお母さん達から、クレームが、、、
余計な事言わんといてよ〜〜!
うちの子、ミルク飲まない言うやんか〜〜!
ま、冗談っぽくですが、、、。(笑)



ここで、ミルクが背を高くする神話のような話を覆すべく、
ミルクが体にいかに悪いか講釈して、ドンビキされてしまった経験があります(爆)

その当時は、食事療法や玄米菜食などは、特異なことと受け止められていた頃でしたので、、、。002.gif

家の子達のカルシウム供給源は、緑の野菜や海藻とごま でした。

自然食の会などで、アトピーのお子さんに豆乳をミルクの代わりに飲ませている所がありましたが、うちは、飲めませんでした。体が受け付けなかったので、、、、。
でも、豆乳は甲状腺を低下させるので、飲まなくて良かったと思っています。
飲ませてた人でアトピーが改善した人は見た事がありませんでしたし、、。

野菜やごまのカルシウムと,砂糖なしの食事で、
心の安定した子供
そして、
歯が輝くように白くて丈夫
なにより、
けがしても、骨折しない丈夫な骨、、、
を作ったと思っています。

背が高いのは、遺伝ですかね、、、、。023.gif



夏の海で泳ぐ息子達、、、、こう毎日暑いと海が恋しいですね!
('08@Guam)

b0167153_1142461.jpg

by caelumselfhealing | 2009-06-26 11:44 | 子育て

子育て:次男坊

昨夜遅くに 次男から電話がかかって来た。

ちょうど、このところ子育ての事を聞かれる事があったので、
そろそろ子育ての事でも書こうかなぁ,,,,と思ってた所だったので、
今日は、こどもの事を書きたいと思います。

まずは、昨夜の会話から、、、、。
(母)はいは〜〜い、どうしたん?
次男:”う〜〜ン、ちょっと、気分いい事あってね、、、、”
(母)ほうっ、、どうしたん?
次男:”この間受けた Toeicの点数、今 分かったんやけど、975点やった♪”
(母)”へ〜〜よかったね!、、にしても、やっぱりちゃんと出来るんやないの!
次男:うん、そやな、今度やったら990満点とれるやろ、、でも、これでいいわ、、、。
(母)あ、そ、、、。マ、ようやったね、お疲れさん!



この間、Toeic(英語の能力テスト)を受けるから、カードで試験料金を払っていいかって、
聞いて来た時に、こんな話をしていたんです。

(母)あんたなら当然990の満点でしょ!
って言ったら、、、
次男:いや、ロースクールには、800ちょいでかまへんみたいし、、、。
<<彼は今、勉強中>>>
(母)800〜〜!? 何を気弱な事言うて!帰国子女なら900は摂らないと嘘でしょ!
次男:エ〜〜、そら取れるけど、別にそんなに取っても、それで大学院に行くのが有利になる訳でもないらしい、、、意味ないねん、、、etc、
(母)え〜〜〜〜っい!しのごの言わんと、やれるだけやって来い〜〜〜!
  どっひゃ〜〜〜〜んって、、031.gif


次男は、幼少の頃、オーラがインディゴと言われた男、見るからにゴン太そうで、押しが強そうな容姿だったのだが、、。
b0167153_19251562.jpg


なのに、いつも自分の能力を下方予想して、自分をへりくだる。
、、で、下方予想しといて、いっつも結果は上方修正!結構いい成績となる。

見かけから、勉強ができる風には見えないのか、他からよくそう言うフウに見られて、実は成績が良いのをびっくりされる!

b0167153_19494938.jpg



比べるお兄ちゃんは、王子様風だったので、いっつも”勉強ができるやろ,お前!”って、言われていた。ま、それなりにできるけど、、。
お兄ちゃんの方は、その自信はどこから来るんや!ッて言う位楽天的だ。
ぎりぎりまで何もしないで,ハラハラさせておいて、結果はオーケーなんで,結果オーライ男。
この間の就職活動でも、第一志望のグローバルな会社に真っ先に決まった!

兄弟で,同じ大学の経済と法学に行っている。

一才半しか違わないけれど,性格が全然違うので、発し方が全く反対である。
違った発し方するけれど、結果は同じくオーライとなる。

オーライとは、本人達がしたいと思う通りに事が運ぶと言う事である。

まあ、次男はネガテイブ傾向なんででしょう、
自分の実力より微妙にちょっとばかし下の結果となる。
SAT(アメリカの国家統一試験)で2000点は取れると言われてたのに、1990点だったり、今回も990は摂れるだろうに975だったり、、、。こんなもんでいいかと、自分で力をセーブしてしまうところがある。

長男はというと、ポジティブ系なんででしょう、
あまり勉強しなくても、天性の勘で実力以上がついてくる。

そんな兄弟を、
自然菜食と自然療法、そしてシュタイナーメソッドで育てた。

当時は皆から白眼視されてきたけれど、
今や、難関私立校と言われる大学に入り、みんなからうまい事育てたなあ〜〜って言われるようになった。

、、、で、当時は、
”なにやってんだかっ?!”と、同級生の教育ママさん達から思われてたもんでしたが、
結果オーライで、、、
”どうよ!”ッて言いたい!(笑)

小学校から,塾など行かず、自然と遊ばせて ちょっと変わった教育の仕方したのだけれど、

東條百合子サンのこれ食べてたら頭のいい子になる、、、とか、
シュタイナーメソッドで、才能を開発するやり方など、

本気でやって来たのが功を奏したと思っている!

今、子育て中の若いお母さん達に、是非、自然食やナチュロパシーはいいのんだ!と薦めたいもんである。
by caelumselfhealing | 2009-06-25 00:28 | 子育て

Dear オトン

b0167153_21113635.jpg



今日は父の日、
Father's day のプレゼントが、東京の息子達から届いた。

今年は、Barnys New Yorkのゴルフグッズ、、、。

ちゃあんと、カードが添えられている。

”いつも家族をささえつづけてくれてありがとう、”

”自分の仕事に大きな誇りを持って,なにより家族を大事にする,
お父さんのようなかっこいいと言われる素晴らしい父親になりたい、、、”


はっ〜〜〜〜いいよなぁ、、、。男の子は父親にこんないい事言ってくれる。
夫はウルウルもんだ。



ちなみにMother's dayには、大きな蘭の花が贈られて来た。母の日にはいつもお花が贈られてくる。
b0167153_21264140.jpg

ちゃあんと、きれいな蘭だったから,写真を撮っといた006.gif

アメリカでは、花束をコソッリ買って来て、夕飯時に渡してくれていた。

Sweet sweet boys~~~!
我ながら,上手に育てて来たもんだ!

、、で、ちなみに、添えられているカードには、
いつもありがとう。
体に気をつけて、、、とか、
あまり僕たちの事心配せずに、楽しいことして、
いつも元気でいて、、、とかだ。

お母さんみたいなきれいなとか、素晴らしい母親、、、なんとかって、、書いたぁったためしがない、、。
ま、当たり前か、、、、、。
言う訳ないよね,,,,。
言ったら気持悪いし、、、。

かっこいいと言われてる,素晴らしいお父さんみたいになりたい,,,なんて言われた夫は、さぞかし幸せだろうな、、、。
by caelumselfhealing | 2009-06-21 22:00 | 子育て

子育て:息子と友達?

我が家は、家族みんな仲がいい、、、、♪

夫は、息子達と昔からよく私の目を盗んでは、あほな事をして、
けたけた笑って喜んでるし、、、息子と遊ぶのが楽しくてしようがない、、。

息子達は、お父さんを尊敬しているし、
High school時代は、お父さんはmy hero や、、と何かに書いていた。

母親の私には、
いつも、うるさいなあ、、、、と、思ってるようだが、
服や音楽などの趣味があうし、お互い色々な話も一杯する。

♪♪♪ My chemical romance , Coldplay , Fall out boyなんか家族共通の好きなアーチストやし、、最近では、Radwimps T.I なんかもお気に入り、、というか、息子が教えてくれる♪♪♪

この間、息子達が住んでいる東京に遊びにいってた時に(3ヶ月に一回ほど行くのです)
リヒテンシュタインのSonjaからメールが来たから、
今息子んち、、て書いたら、

息子と友達なのか?って返事が来た。

ン〜〜〜〜〜ン、友達じゃあ ないな。

いい関係でいるし、若者の話は面白いし、一緒にいてて楽しいけど、
母親は母親、、、一生涯母親よ!って返事した。

昔の事だけど、
子育て中、
色々な自然食関係、シュタイナーメソッド関係の人たちとの
子育て談義で、
No!と言わない教育で、あれやれ、、これやれと、命令せず、

対等な関係を築いて 母親やってた人たちがいて、
子供とは友達みたい、、、と言っていた。

それって、うちでは、まずありえない!(きっぱり!)

うちでは、
母親は、専制政治ひいていて、めちゃめちゃ厳しい、、
優しくて大好きな父親は、ひたすら息子達に甘い、、が、仕事でいつも家にいない、、
という環境(飴とムチ?)で子供達は育っている。

母が厳しいのには、訳がある。

自然食で育てるという事は、
とてつもなくエネルギーのいることだ。
 
そう、確固たる意志がいる、、。

簡単な例をあげると、

まず、普通の袋菓子が食べられない、、、。これって、子供達にとったら、大問題!

さらに、
シュタイナー教育で育てたから、
テレビ、ゲームなど、一般的に子供が大好きなエンターテイメントが許されていない、、、。

こんな感じで、厳しい規制のもとに育ててると、
(彼ら曰く、、、、とても苦労した、、、、そうだが、)
Noは言わない、、
それで子供とは対等の、
仲が良い友達みたいな母親では、
やっていけませんのです。

で、最近、2人が揃って言い出したんだけど、、

そんな風に育ててもらって感謝しているって、、。

<<<母は、嬉しくて、ウルウル〜〜〜です。>>>>

そして、自分の子供もそうやって育てたい、、と言い出した!
(あっ、まだ大学生で、今の所、当分、結婚もまだなようですが、、)

、、で、
母はこれから、子育て回想録を作っていこうと決心しました。
、、、、未来のお嫁さんの為に、、、、、(*^ー^*)

前置きが長くなっちゃいましたが、
これから、おいおい子育ての事も、書いてこうって、こういうこってす、、。

self-healing を書いていく上でも、
私の経験はやっぱり、子供達での事が大きいから、
子育て抜きには語れないもんで、、、。


下の写真は、お兄ちゃんが、2才半 弟が1才位でしょうか、、、
この頃は、体はしんどくてきつかったけど、可愛い盛りで、今思うと宝物のような時代でした。
それに、自然食 等 は、やりやすかったですねえ、、。

b0167153_23373883.jpg

by caelumselfhealing | 2009-04-16 23:55 | 子育て