カテゴリ:ウイーン( 6 )

ウイーン旅行記:Ciao ciao Wien〜!

b0167153_949569.jpg


>Ciao Cioa Wien ~! チャオチャオ〜! イタリア語でバイバイ、、、ドイツ語圏の方達もよく使われる。
Wienは,ドイツ語でウイーンの事,、オーストリアの公用語はドイツ語。ちなみに英語ではウイーンはViennaとなる。


今日でウイーン旅行記も終わりです。

実は、
このとこのウイーン旅行記を書いていて、旅行の写真を整理しながら かの地の友人の事を思い浮かべていたら、先日 突然電話がかかって来たんです〜!  
電話なんて初めての事!  

ワァ〜〜これッて何と言う?!以心伝心?

彼女は自分が摂取している健康食の事が聞きたくて、電話して来たのだけれど、、、
電話して来てくれるなんて嬉しいわぁ〜♪♪♪

最後は、いつもの、Ciao ciao、、で終わる。彼女は別れる時はいつもチャオチャオッて言うんです。

チャオチャオ〜って、バイバイよりなんだか可愛いですよね、、、^-^ *

さて、
今年のヨーロッパ旅行は、リヒテンシュタイン、スイス、ウイーン、ブダペストを巡る観光旅行になりました。
いろいろご招待を受けての旅でしたので、、、フルアテンドで,お任せ観光。、、、で、訪れた先は
何処が何処なんやらさっぱり分からないのでありました^^;
えへへ、、、このブログも、”ワールドガイド ウイーン・オーストリア”に首っ引きで,書いています。

b0167153_108487.jpg

今後行く事があれば,,夫と美術館なども中へ入って見学したり、、もっとゆっくり散策したいなぁ。
”老いた貴婦人”と呼ばれ、政治の世界や芸術や音楽など、かつての栄光を失ったような言われ方をするウイーンですが、
でもその栄華の時代の積み重なった物がすごい、、なかなか難解な一寸寄った位ではよさが分からない、、そんな町だと思いました。

b0167153_10213454.jpg

分離派会館(分離派:19〜20世紀のウイーンでの新時代の芸術創作の動き)、、
伝統的な建築物が多いなか、モダーンで不思議な建物ですが、動植物のモチーフが金色で美しい建物でした。
地下に,クリムト(初代分離派の会長)の大壁画があるそうです。

こちらも中に入ってゆっくり見学したい所でしたが,スル〜〜。


そうそう、、オーストリアの画家と言えば,シーレも有名ですよね。
20世紀初頭の画家、、スペイン風邪で早生する。弱冠28才。
そのシーレの肖像画(reproductions of portraits by Egon Schiele)が壁にかかれているレストランに行きましたが、、、
Do & CO Albertina
b0167153_10402751.jpg


美味しくって、素敵なレストランでした。
洗練された店内で、modern Austrian cuisineが頂けます。

Albertina museumにあって、王宮やシュテファン教会、オペラ座近くと、ウイーンの市街地中心にある。
外のお席も素敵です。

こちらで初めて,さるヨーロッパの国のプリンセスにお会いしたのですが、、、
プリンセスのお話は、友人から時々聞いていたので、どんな方なのかドキドキしていたのです。

で、お会いしたのはシスターのような飾り気のないナチュラルな方でした。
お化粧もなく、地味な紺色のカーディガンをはおられて、でも活き活きと話され、明るくてきさくな方、、、。

それに、今はホスピスの慈善事業に取り組まれていて、その日も,ホスピスでの看病のセミナーに出席されていたようでしたが、結婚もされずに生涯を色々な慈善事業に捧げておられる方でした。

ヨーロッパの国のプリンセスなんて、どんなにゴージャスな方なんだろうと思ってしまいますが、おとぎの国のような,,,ね、、、
でも、
身に贅沢を帯びず、社会の為に献身的に尽くされる生き方をされている、、、。

本物とはこういう方の事を言うのだな、、と、じ〜〜ンと胸に応えた私です。


またこれが、笑顔が素敵な方なんです〜〜^-^.

身を飾らなくとも、内からにじみ出る何かで,ナチュラルな美しさのある素敵な貴婦人、、、、そんな方でした。
はぁ〜〜
そんなフウに年を取っていけたらいいなぁ〜〜〜、、
ま,、,これから精進していこう、、なんて、、今後の目標も出来たよい旅行でありましたとさ^^。。


ウイーン旅行記終わり。
by caelumselfhealing | 2010-11-05 12:53 | ウイーン

ウイーン旅行記:大人な遊園地の過ごし方 and more..

今年5月のヨーロッパ旅行の際のウイーン旅行記続いてます。                         


 Wiener Prater プラター公園
遊園地や大観覧車がある公園。ドナウ川とドナウ運河に挟まれた広大な敷地のこの公園は、元はハプスブルグ家の猟場だった所。周りにはウイーンの森が広がっている。


b0167153_2242399.jpg

今回の旅行でのホストがランチにと連れて下さったのがここ プラター公園。
遊園地がある、、入り口には素敵なレストラン Esvogel,、ここでランチと思いきや、こちらをスルッと通り抜け、支配人さんらしき方に案内されて観覧車へ、、、、、、


b0167153_22595172.jpg

何と,,観覧車の中は、あら素敵〜白いテーブルクロスにグラスが、、、、、、
そう,,観覧車にてのシャンパンタイムが用意されていたのでした。





b0167153_234269.jpg

シャンパンをいただきながら,
こんな景色や





b0167153_235558.jpg

ウイーンの森を眺めて、、、、

ウイーン人のカップルも加わり、総勢6人にてシャンパンをぐびぐび開けて、パ〜〜〜ティ〜開始〜だぁ〜♪
こちらの方は、みなさんお昼からでもぐびぐび飲まはりますから、、、、、
ましてこんな遊園地でときたら、なおさらテンションも上がります〜♪

残念ながら、中でのお写真はありません!


さて、
2周程したのでしょうか、、、、次に先ほどのレストランへ移動です。


b0167153_23164343.jpg

お外のお席で,遊園地を眺めながら、ウイーンのトラディッショナルなお料理に舌鼓、、。


ウイーン料理はおいしいですね〜!

特にとっても美味しかったのが,,こちらでいただいた,クリアービーフスープ、、、

b0167153_2319441.jpg



オールドウイーンスタイルなのだそうです。
 


b0167153_23203430.jpg

このスープは、このウイーン旅行での一番だったかも、、、です。

 
こちらでも、もちろんワインをどんどん開けちゃいます。
ホストが選ばれるワインは,どれもこれも美味しい物ばかり,、オーストリアでは,白ワインを
主に選んでられました。
オーストリアワインは、白が有名らしい、、。

みなさん出来上がって、、ご機嫌さんです〜!

おお^^、あれに乗らないかい?
と、夫は誘われて、、
いやいや止めときます、、、なんて、、、
メリーゴーランドの話です、、、レストランの右手に見えるのです。
今 乗ったら眼が回るさ、、笑


b0167153_23212859.jpg



プラター公園の遊園地はとってもオールドファッションな遊園地,、,でも、、これもウイーンっぽくってよかったですよ。

b0167153_23243979.jpg

レストランはこちらEisvogel

そして、、、、おまけに、、、
この日の夕刻、デイナーに行った、美味しいワインの、MAYER AM PFARRPLATZのことを、、
ベートーベンも一時期ここに住んで作曲活動をしていた,,という,由緒正しきホリイゲに連れて行って頂きました。

b0167153_23343442.jpg



ホリイゲとは、その年の新酒のワインを飲ませてくれるところ、、オーストリア料理のお食事も出来る。
b0167153_23422834.jpg


いやぁ,,,ここでも皆でよく飲んだったら〜〜〜〜
こちらでも白ワイン。
ビールジョッキでいただきます。
癖のないさらっとした飲み心地抜群のワインで,どんどん飲めるのです。

アコーディオンを弾いてくれる人も加わって、飲めや歌えの大宴会が始まった訳でして、、、、、、、^^;

こちらへは、さるスイスの銀行家の奥さまとさる国のプリンセスが合流され、華やかなお席となりました。

なんだか,ゴージャスセレブな方達っぽいですが、、お二人とも至って気さくで、質素な方達です。
ゴージャスな所など微塵もない方達で、ナチュラルな素敵な方々でした、、、。

ウイーンの地元の歌を皆で大合唱して、大いに盛り上がり夜もたっぷりと更けてゆくのでした。

、、、で、この大宴会でウイーンの案内役の方が大酩酊、、、、次の日に予定されていたドナウクルーズは二日酔いで中止となったのでした^^:
by caelumselfhealing | 2010-11-01 23:53 | ウイーン

ウイーン旅行記:Carpe diem今を生きる

Carpe Diem Kombucha Classic is a fermented herbal tea beverage. It contains only ingredients from 100% natural sources.

Carpe diem Drinking that makes sense
b0167153_15182267.jpg


シュンブルン宮殿からウイーン旧市街へ帰って来ました、
休憩に、オープンカフェで軽食をいただきました、、、、夫ぎみ達は,ビール所望でしたので、、、彼らのちょっと一服にはビールですって!

私は、、、、
ドリンクメニューに、何と,あのCarpe diem とある。

どんなんだろ?

ナチュラルなドリンクよ、、、と、トーニャ、、、、息子のファビアンがいつも飲んでいるわ、、、、

おう〜!あのファビアンが?  
<彼は、スピ系で山を愛する自然食などで私と意気投合した、さる会社の若きexecutive、、イケメンで私のお気に入り〜♪

ほれなら,、私も,,と注文す、、^-^。。

Carpe diem カルペディエムとは、、
 今を生きる,,,という格言としてよく使われるラテン語。
英語は、Seize the day. その日をつかめ、、、その日のうちにする事はしておけ、、、のような意味で使われる。
ちなみに、
ちょうど先日観たアメリカのTVドラマ“Sisters & Brothers"で、会話の中にでて来ましたわ、、、。ゲイの次男が、お姉さんに人生は儚いものだ、、
Life is so fragile, だからもって、carpe diem、、今をいきなきゃ、、、なんだ!
お姉さんも、、そうね、、、Seize the day,,今を楽しむは!、、、みたいな感じで会話してました。

欧米のスピ系の人達、ナチュラル派には好まれる言葉です。
私も好きです〜、、以前ちょこっと書いた記事はこちら


Carpe diem  さすが、ナチュラルなお味でした。
今を生きる〜!そうや,、,食べられる時にナンだって食べとこ!
じゃじゃ〜〜ん!ごっついウインナアー!!!!
b0167153_15314588.jpg


ドイツもそうだけど、こっちら辺はウインナーとか,普通〜〜のとこでもめちゃおいしいし、、。
>注:ウインナーとか詰め物は、添加物てんこもりなので,日本ではまず食さないので、、<


うん、、おいしかったですわ!



b0167153_1532227.jpg

お外で気持よい風で疲れも吹っ飛びました、で、、、、ここは何処だろ?



b0167153_15421429.jpg

大きな広場なんだけど、、、ぐるっと歩いたら何処がどこか分からない私には、、、
場所の検討さえつきません、、、^^;


次は、飲めや歌えのおいしいウイーンを♪
by caelumselfhealing | 2010-11-01 15:38 | ウイーン

ウイーン旅行記:ハプスブルグ家の栄光#2

シェーンブルン宮殿
ハプスブルグ家の栄光の象徴のような華麗なる宮殿。
b0167153_22564953.jpg

ハプスブルグ家の人々では、女帝マリア・テレジアを始め、マリー・アントワネット、皇帝フランツ・ヨーゼフに、皇妃エリザベート、、が有名ですよね、、、。

部屋数は1441ですって、、ひろ〜〜い!

マリアテレジアが子供達の夏の宮殿としていた宮殿。
b0167153_2313225.jpg


イエローの外壁が美しいのだけれど、この色をマリアテレジアイエローというのだそう、、、。
b0167153_2341996.jpg

この宮殿には、マリー・アントワネットが幼いモーツアルトにプロポーズされたという有名な逸話も、、、。

宮殿内は,それはそれは豪奢なもので、、、漆の間やエリザベートの部屋や、勿論マリー・アントワネットの部屋等々、、、

舞踏会などが行われた大ホールは、
シャンデリアや天井を覆うフレスコ画で豪華絢爛みたいですよ、、、。
改修中だったような、、、、。

この大ホールは、”会議は踊る”で有名なウイーン会議があった所、、、
この出来事があったお陰で、今なお世界中の人達から会議をするならウイーンで,,というので
国際会議の開催地として一番人気らしい、、。

宮殿の後方には広大な庭園がある、、。
b0167153_23135834.jpg

この広大な敷地にある小高い丘にあるのが、グロリエッテ、、中にはカフェがあるそうな、、、。
そこからの眺めも素晴らしいそうですが、、、。


私たちは、この広大な庭園を歩いてそこまで行こうとしたのだけれど、あまりの日差しの強さに断念^^;

それに、、、
こちらを案内してくださったピーターは社長さん、、、ゆっくり観光はお好きじゃないようで、、、
結構せっかちなの、、、、
ドライバー付きのベンツで観光に連れて来てくださって、快適でよかったのだけれど、、、、見所スルッと観光なのでした。


b0167153_23205391.jpg

ま、、、こんだけ、広いんだもの、、、暑くって歩くのは大変だったから、、よかったかも、、、


スルッと観光のシェーンブルン宮殿を後にして、、、、
ブイ〜〜ンと車でウイーンをドライブ、、、。
b0167153_23421841.jpg


真っ白な建物も,ウイーンらしい美しいシーン、、、。

b0167153_23415427.jpg


暑くってお疲れの後の一服に、、ちょこっとおやつタイムに、、、

続きます〜^-^*
by caelumselfhealing | 2010-10-31 23:47 | ウイーン

ウイーン旅行記、、、まだまだ続きますが、、、

b0167153_2232171.jpg


ウイーン旅行記
じゃ〜〜〜ん、、、華麗で壮大な
ハプスブルグ家の夏の宮殿、、シェーンブルン宮殿です。
マリアテレジア イエローの豪奢な宮殿、、、、

いよいよウイーン観光バッチリ続きます、、、が、、、以前の記事はこちら

今日は京都で例の魔女魔女会議でした。
(また、、、こちらの事もゆっくり記事にしますが、、、)
まずは,ウイーンの記事を済ませてしまいましょう、、、が、今日はちょろっとこの一枚だけ、、、。
この日も、ウイーンは抜けるような青い空であった、、^-^*
by caelumselfhealing | 2010-10-29 22:39 | ウイーン

ウイーン旅行記:ハプスブルグ家の栄光

ハンガリー旅行の前にウイーンに滞在。
世界遺産に登録されているウイーンの旧市街,、ハプスブルグ家の帝都であった華やかな町です。

ハンガリー旅行記に続き、今年の5月のヨーロッパ旅行記を一挙にアップして行きます〜!

b0167153_21502017.jpg

新王宮、現在は博物館になっている。




b0167153_23182674.jpg

ウイーンでの名物,、フィアカー(辻馬車),、優雅です〜


b0167153_23185475.jpg

こちらは、旧王宮、ミヒャエル門




中に入り上を見上げると、、、、、美しいドーム
b0167153_23213696.jpg






b0167153_23225894.jpg





オーストリアの国旗の色である赤と白の旗がWの形になって掲げられている。ウイーン市の認めた歴史的観光名所の印。至る所に見かけます。
b0167153_23232714.jpg



ハプスブルグ家の紋章である双頭の鷲,、こちらも町のあちこちで見かけます。
b0167153_2339271.jpg





旧市街の真ん中にそびえるシュテファン寺院。モザイク模様の屋根が特徴.外壁は、修復工事中でした。
b0167153_2328353.jpg






旧市街の町並み、、、至る所に歴史的な名所があり、全て見ようと思ったら大変です^^;
b0167153_2332142.jpg


640年もハプスブルグ家の帝都として栄えたウイーン
ウイーンと言えば、ウイーンの森にドナウ川、、音楽にワルツに食に文化、、、、
文化は、いろんな民族が入り込んでいるから、、、独特の文化が育まれたよう、、、
ゲルマン、スラブ、マジャール(ハンガリー)ユダヤ、、と、このような異文化が混ざり合って
洗練された文化が育まれ、国際都市になったんですね、、、。ってことです。ガイドブックによる^^;

ウイーンでは、これ又現地の方がつきっきりで案内してくださり、旧市街は歩いてわ〜〜〜っと、はや廻り、、、、、何処がどうだか、正直なとこ分からない観光でした。


続く、、、、。
by caelumselfhealing | 2010-10-23 00:05 | ウイーン