カテゴリ:オーガニックガーデン( 45 )

my garden bouquet:クリスマスローズ

b0167153_1231328.jpg



クリスマスローズが謙虚な風情で頭をもたげて咲いています。手間いらずの強い子です。
昨年末のガーデナーさんのお手入れでばっさりもってかれちゃったけれど、茎もしっかり、大きなお花をつけてくれました。

3.11鎮魂にむけて、ブーケ作りました。忘れない事、、大切ですよね。
b0167153_12304790.jpg

by caelumselfhealing | 2014-03-12 12:26 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:五月のバラ達

随分ご無沙汰です^^;
あっという間に一年の折り返しがやって来ましたね。いつものようにはやいこと!

さて、
お庭のバラも咲乱れ、、といっても、アンジェラ、キャサリンモーレー、ボルドー、ヘルシューレン、のきなみ虫にやられちゃいました!!
やっぱり、もはやオーガニックでは無理かもしれない、、。
ばっさり、切り落としてこの秋にかけますね!!

名もないつるバラですが、この子は強い!虫にも負けずしっかり、沢山のお花をつけてくれました!!

b0167153_12113733.jpg




ゴジャールもゴージャスに大輪〜!ドヒャっ〜〜んと大アップ!

b0167153_12141234.jpg



清楚な美しさ、、野いばらは長く咲いてくれました!
b0167153_12152548.jpg



五月は、新緑のきせつ、紅葉の若い青さが、雨上がりにきらきらです!
b0167153_12163690.jpg



今年は、レモンとみかんの花が大量につきました。豊作となるか??楽しみ楽しみ〜♪^^.
これはみかんのお花、香りもいいのです。
b0167153_1217272.jpg

by caelumselfhealing | 2012-06-03 12:20 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:12月レモンの収穫

随分久しぶりですが、我がオーガニックガーデンの記事です。


b0167153_22201124.jpg


去年のことですが、2012年のレモンの収穫。

ちょっと、ぶちゃいくですが、、、^^;
20個ほど出来ました!

11月頃から緑色のレモンで頂き、
12月にはレモンイエローのレモンをと思いつつ、待てずに黄緑のレモンですべて頂いちゃいました!

庭に黄色いレモンがタワワになっているってのを夢見て、レモンの木を植えたのですが、
<地中海スタイルのお家の雑誌や、欧米のホテルなどにレモンの木がよく植わってるのをみては素敵だなと思ってて、、^^)
でも、私って 観賞用より、食用優先な人間でした!

レモンの木、、2mを超えてきました、、大きくなったです、、
肥料は家庭の生ゴミ堆肥、
BH101
お米のとぎ汁、、、などを時々。

完全無農薬
手入れは、毛虫さんを割り箸で”手でトール”(夫)
レモンにつく毛虫は、つぶすと(ごめんねT-T)レモンの香りがするのです。


今年は、もっととれるといいな!もう少し肥料を増やしましょうね!
by caelumselfhealing | 2012-01-12 22:41 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:お薬になる草木ーどくだみ

b0167153_10471673.jpg

初夏に白い花を咲かすどくだみ。これは↑初夏の頃に撮影したもの。

どくだみは、庭にはびこる雑草として捉えられて、庭師さん達から忌み嫌われている。
抜いても抜いても、ちぎれた根っこから、必ずまた出て来るという強靭な種。

生命力が強いんだなぁ〜〜!

しかし、十種類の薬効があるとして、”じゅうやく”と呼ばれる薬草である。
民間薬として長い歴史がある。

その薬効とは、
浄血、利尿、殺菌、毛細血管強化、緩下、止血、高血圧、動脈硬化予防、など。

ドクダミは独特の臭気がある。
それが、抗菌性のあるものらしく、抗菌に生の青汁を患部に刷り込む
という事もするようである。(腫れ物、毒虫さされなどに、火にあぶってもむ、か、そのままもんでつける)
我家では、花が咲く頃にはおトイレのお花となったりする.

今回葉,急遽、
熱を持った、か〜〜っと痒い湿疹(アレルギー)にと、生の葉っぱで煎じ汁を作ったので、それをアップ。

<*一般的な使い方は、全草を乾燥させて、煎じた物を飲む>

汗をかくので、痒くてかいてしまって悪化したもの用。
結構、効果あったようです。
少し,続けたら治りますね!
注意として下にも書いていますが、
陰性とタイプの人や、体が弱っている人は、煎じ汁を飲むのは控えた方がよいようです。
b0167153_10474094.jpg

by caelumselfhealing | 2011-08-10 11:03 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:お薬になる草木ー枇杷

b0167153_19564560.jpg


枇杷の薬効は、古くは3000年の昔からという長い歴史がある。
インドの古い教典に、生きとし生けるものの万病を治すという癒しの植物として出ていたそうです。

日本でも、古くは奈良時代から枇杷を使った療法があったそうです。

葉っぱを炙って熱いのを患部に当ててさするというやり方のようでした。


b0167153_2011348.jpg

庭に植えておくと、実*もいただけるし、種は枇杷のエキスを作り、葉っぱは煎じ汁にして皮膚に
使える、、と、お薬になる草木として、有益です。

(*実の収穫は、からすやヒヨドリとの戦いです。
いっつも負けてしまい、数個しか収穫できず、、。^^;からす除けの網をかけると、実を摂るのが難しいので、網をかけてもしょうがないのです。対策を考えなくては、、)


使う葉っぱは、なるべく古い物が薬効が高いという事です。
緑の濃い、ごわごわした物が古いです。
b0167153_20633100.jpg

これは、今年の新しい葉っぱではないのですが、もっと黒っぽい色のごわごわがきつめが古くていいのですが、そう言う葉っぱは,高い所など取りにくい所にはえているのです^^;

枇杷の葉療法は、温灸や葉を炙って患部に貼る、、など色々ですが、ここでは、
煎じ汁を紹介します。
経験上、枇杷の療法では、これが一番手軽で有効だと感じますので、、、。

*<枇杷の葉療法は,温灸など何回か色々に試しましたが、これは長くかけないと効いた感が得られないので、続いた試しがありませんでした。昔は、良くしましたが、今は他の療法を会得しましたので、内臓疾患や体質改善、痛みを取るなどへの自然療法は、他の方法のほうが効くと思うのです>



b0167153_2011369.jpg

追記:煎じる間、蓋もする事。

枇杷の葉の煎じ汁の効用:
皮膚病(水虫、かいせん、あせも、湿疹)煎じ汁で洗う、ぬるめの煎じ汁に浸すなどする。

美肌効果(肌をよく潤して肌理を整える。加齢のトラブル)


熱を持った湿疹には、どくだみの煎じ汁がいいですよ!
次回は、どくだみ(ジュウヤク)について
by caelumselfhealing | 2011-08-04 20:25 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:5月のばら 赤いつるばら

b0167153_22491647.jpg


赤いバラ、、外で咲いているとぱっと目を引くんですね。
きれいですね!!とご近所さんからよく言われる。

More続きはこちら.....
by caelumselfhealing | 2011-05-27 22:59 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:5月の庭 バラと仲間達

b0167153_17212556.jpg

宿根草
アストランティア マヨール

今年の我が庭は、ゴールデンウイークのタイ旅行中にバラや花々が咲き乱れるお庭になっていました。

More...続きはこちら
by caelumselfhealing | 2011-05-25 17:44 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:5月の庭 野いばら

b0167153_23253157.jpg


5月のオーガニックガーデン、、、、今年は見事な咲きっぷり!バラなど花盛りです。
これは、白い野いばら、今年はぐんぐん枝を伸ばして、沢山お花をつけました!

More、、、続きはこちら
by caelumselfhealing | 2011-05-19 23:52 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:4月の庭

b0167153_238224.jpg

スノードロップですが、先月に小さいのが咲いたと思ったら、また、にょくにょき伸びて、
大きなお花で咲いて来ました。


b0167153_2374193.jpg

ムスカリの季節でもあるのですよね、、、、。
今年はお花が大振りです。
家庭ゴミの肥料と、HB−101のコンビネーションが良かったような気がします。


ムスカリ;wikipediaより
一般的には球根植物で開花期は3月初旬から4月末頃。
花は一見するとブドウの実のように見える。このことからブドウヒアシンスの別名を持つ。

名の由来はギリシャ語のムスク(moschos)であり、麝香(じゃこう)のことである。
花色は鮮やかな青紫色だが、近年白、コバルト色なども見られる。
花弁はあまり開かない。
球根は数年くらい植えたままでも差し障りないが、できれば秋に掘り上げるとよい。
病虫害もあまりなく栽培しやすい植物である。
早春を彩る花として絨毯のように多数を植え付けると効果的である。
日本には30数年前ごろから市場に出回り、近年人気品種となって、各地の公園などでごく普通に見られる。
原産地:南西アジアあるいは地中海沿岸地方。
花言葉:寛大なる愛、明るい未来、通じ合う心、失望、失意とまるで正反対の意味がある。




b0167153_23114338.jpg


スノードロップ;wikipediaより
修道院の跡地などに自生していることが多い。
スノードロップは聖燭節との関係が深く、修道院の庭でよく育てられていた。
聖燭節の日にスノードロップをボウルに集積して家に持ち帰ると、家が清められるという言い伝えが、イギリスのヘリフォード・ビーコン近隣で伝わっている。
自生地はイギリスとされるが、修道僧がイタリアから持ち帰ったものが定着したとも考えられている。
エデンを追われたアダムとイヴをある天使が励ました際、降っていた雪を天使がスノードロップに変えたという伝説がある。
夜になると花を閉じ、昼間吸収した温かい空気を保管する。
耐寒性は強いが、土壌を選ぶ。

1月1日などの誕生花である。
花言葉は「希望、慰め、逆境のなかの希望」
人への贈り物にすると「あなたの死を望みます」という意味に変わるので注意が必要である。 ←うわあ、、こわ、、、。

by caelumselfhealing | 2011-04-11 23:19 | オーガニックガーデン

オーガニックガーデン:2010年 11月の庭

b0167153_1627144.jpg

柏葉あじさいの葉もすっかり色づき、秋の深まりを感じさせてくれますが、、その秋ももうおしまい〜
もうすぐ12月ですものね、、あっという間ですね^^;

この紅葉した柏葉あじさいの葉を見ていると、”フワッと見る”という視覚の訓練中の私にはいい訓練になる。

何処をフォーカスすればきれいなんだろう?!なんて、、、ふわ〜と見るといい感じですよね、、、。

私って、物の見方に”集中”傾向がとても強いのだそうです。
いっつも一点集中するんですって、、、。
視覚と行動を研究している方に検眼していただき言われた事です。


それは性格にも言える事で、ぐっ〜となんでも入り込んでしまう^^;
もっと、ぼや〜〜っと、ふわ〜〜っと見ないと、緊張し過ぎ血管収縮して心臓に悪いッて!!

ひえ^^^^;;
で、それにあった眼鏡を作ったのですが、、、それの眼鏡をかけて今までの見方で見ると目眩がして気分が悪くなるんです、、、。
で、ふわ〜と視覚を拡散すると、楽になるのです。

なんだかすごいでしょ!視覚と体と心,、繋がってるんですね!

これぞホリスティック!

これで眼から来る心臓の不快症状も治まるかもです!
<ちなみに夫はまっ反対でした、、ふわぁ〜っとしたはるんどす^-^。
また、夫は片方の眼を使っていないのだそうです。それで疲れるのですって。ほっておくと、こういった眼の使い方は肝臓などの病気の傾向ありなんだそうです>



b0167153_16273465.jpg

11月のお花達です。
左上:やっとこさ きれいな花びらのバラが咲きました^-^
右上:和花もあるのよ、、ホトトギス、、夫の実家からもらって植えましたが、これがまた強いったら、、一杯増えてばっさりカットしてもまた増える、、めちゃ強いお花です。
左下:クレマチスというより、テッセンです。大輪の花を秋も咲かせてくれました。
右下:ヘルシューレン、この子は黒点病はなんとか免れましたが、うどんこ病がでました。でもお花はきれい!




>>>>>>*<<<<<<<<<
これが今年の秋に蔓延した黒点病です。
b0167153_16344857.jpg
アンジェラ←とキャスリンモーレーのほぼ全部の葉っぱに黒い斑点が、、、T-T。
この病気に成ると、終いに葉は枯れて落ちてしまい、栄養補給が出来なくなって花もしっかりつかなくなるようです。

病気に負けずに咲くアンジェラ!頑張れ〜〜!
さて、斑点の出た葉は全部取り去り、
で、あとはキトサンや木酢液など撒きますが、、ここまで増えてしまったのに、化学薬品の薬剤を撒かずに自然の薬だけでこの病気を押さえる事が出来るか???
効果はあまりなさそうです。
対策をまた考えねばなりません027.gif
by caelumselfhealing | 2010-11-27 17:13 | オーガニックガーデン