<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

歯は大事〜!!

b0167153_2104679.jpg


スノードロップの、可憐な蕾を見ていると、真っ白な子供の歯を思い浮かべてしまいます^^。。

またまたスノードロップですが、、今、うちの庭で次々と可憐な花が咲いているんですもの、、、
ついつい目がいってしまってます^^。。

そうそう。。”歯”って、大事です〜!

いくら、食事療法していたり、健康に気をつけていても、歯が悪いと、駄目です!

お口の中に、虫歯、歯槽膿漏などあると、それらの菌がお口から体に入って、病気の元となります。歯に細菌が繁殖していると、未来永劫 病気の元が〜〜〜〜(笑)

笑い事ではありません!
口腔内の清潔は、健康の為にとても大切な事です。

癌の代替治療でも、歯のケアを大事と言ってますし、
アメリカの、代替医療の元祖とも言える、”ハーブで癌を治療する”とういう有名な本を出している、、Dr.ハルダクラークは、色々なケアの中で、まず口腔内をよくすることから言ってます。

アマルガムなど、金属の詰め物も、体に毒である、、と、
これも、よく言われていることですね。

実際の、歯の治療では、体の事を考えた治療をしようと思ったら、詰め物など保険治療が出来ませんので、
お金がとってもかかることとなります。

歯の健康、、これは、とてもとても、、重要事項です。

対処法は、
歯医者さんで、年に1〜2回クリーニングしてもらうこと。
歯磨きをよくする事。
(私的には、ソニケアがお勧めです。アメリカでホリスティックな歯医者さんに見て頂いてたのですが、歯茎のポケットがきれいだったので、褒められました.^-^
ソニケアのお陰です)
フロスを使って、隙間も掃除する事。

大人になってから、歯を治すのは大変ですから、子供の時から、気をつけて丈夫なきれいな歯を作ってあげたいですね。

子供の健康な歯作り
私が2人の息子を育てていた時に、とても意識して、ずっと念頭に置いていたことがあります。

体と心の健康は元より、、勉強をしなくても勉強ができるように、勘と集中力を養うこと、、等、
ま、ちょっと変わった教育法をしておりましたが、
その他にとても気をつけていたのが、
きれいで丈夫な歯をつくることでした。

今2人とも成人していますが、
きれいな歯をしています。
虫歯なし歯並びよし、おまけに白い歯でありまする〜〜!
それに丈夫です.
小学校の時に、石が飛んで来て、前歯で受けても折れませんでした!
血みどろになりましたが〜〜^^;
お医者様に、スゴい丈夫と褒められました!

アメリカ時代に、
アメリカでは、歯並びが悪いなんて考えられないというお国柄、おまけにみんな、真っ白ですよね!
歯並びが悪いと必ず歯列矯正し、だいたい小中学生に間でするようで、矯正をしている子がよくいましたが、
そんな中いろんな人から、きれいな歯をしているなと、よく言われていたようです。

では、、何がよかったかというと、、、

7才までのベジタリアンの厳しい食事療法でしょうか、、、
全くのお砂糖なし
(お砂糖は癌やばい菌の餌だし、虫歯の原因で、血液の状態を悪くするし、カルシウムを流すとも言われ、、、、おまけに、子供の情緒面にも悪影響と、、、最高の悪者でしたよ^^;)

ミルクの代わりに、カルシウム源としての、海藻、青菜、ゴマの大量の常食
主食は玄米、、手作り天然酵母の固いパン。
それらを、よく噛んだことでしょうか。

それから、歯科的には、
歯顎矯正といって、
幼稚園の頃に、歯の顎が狭く歯が大きいので、このままだと歯並びに影響するからと、口の顎を広げる矯正をしたことでしょう。

歯の白さとエナメル質の丈夫さには、化学物質、特に抗生物質を与えていないというのも大きいと思います。

幼少時に、抗生剤を投与され過ぎての、抗生剤焼けという、歯が黒くなるということがあります。
このせいで、歯が黒くなってしまった女性2人、私の周りにいます。
ホルモン剤や、抗生物質で育てた卵、、これらの常食も影響していると思いますよ。

また、
歯は体の各臓器や足腰などにも関係している
ある歯が悪いと、体のある部分に痛みや不具合を生じる、、という。

噛み合わせの問題も、大切ですって!
噛み合わせでの、歯と体の関係を研究されている歯科医師もいらして、
噛み合わせを調整して、体と歯の関係から来る不具合を
治そうとされる方もいらっしゃるようです。(自費ですが、、^^)

うちがよく行く整体の先生も、歯と体の関係を言われて、
患者さんに、歯の治療に行くのを進めておられるのを、聞きます。

体は、色々な物が影響しあっているものだから、一つところが悪いから病気や不具合が生じる、、っていう単純な物ではないのですものね、、。
健康って、ホーリスティック(全体)に見て行かないと、、複雑精妙なものでありますな〜^^;
>歯の所、、噛み合わせの事、2月1日、追記しました。

歯のケア、、健康の為に是非 気をつけなくっちゃ!
スノードロップみたいな真っ白な歯、、、、
こんな歯がきれいにそろった口元、、、、最高の美貌ですよね〜!
ま、、、無い物ねだりしてもしようがないので、、せめて、体の為にも、、いつもきれいに、清潔に、、、、
と、気をつけて行きたいと思います!


b0167153_22271095.jpg
                                スノードロップ、、蕾が開いたらこんなふう、、、妖精のランプみたいですね^-^
by caelumselfhealing | 2010-01-30 20:59 | self-healing

【2009 旅行記】フランス:モンサンミッシェルの日の出

b0167153_17522730.jpg

モンサンミッシェル(MSM)での日の出を見るのが狙いで、島内のホテルに宿泊し、
朝の暗いうちから外でお日さまを待機していました、、。季節は2月、、寒い、、^^;
これは、夫の希望。

今日は、フランス旅行記のMSM編に載せなかった、その時の写真をアップします。

  7:30 暗がりに浮かぶモンサンミッシェル
b0167153_1863480.jpg



夫はずっと長いこと 世界遺産モンサンミッシェルを訪れるのが夢だったんだって。

2009年のフランス旅行は、私の願いであったルルド訪問(→フランス:ルルドへ〜)と夫のモンサンミッシェルと、
2人の願いが叶った旅行となりました。

b0167153_17524467.jpg



Dreams come true~♪ 願いは叶う!


b0167153_1753362.jpg


08:19  刻々と明るくなって行くMSM.

b0167153_1754377.jpg


お日さまがスポンッて顔を出したと思ったら、あれよあれよという間に明るくなって、、
b0167153_1872596.jpg


金色に一瞬染まったら、、、
b0167153_17542236.jpg


この季節には珍しい、青い空にお日さまで光り輝くMSMとなりました。
美しい〜!夫はもう大満足〜^-^.

b0167153_17543868.jpg

レンタカーで、Renne駅までの帰り道。牧歌的な風景から眺めるモンサンミッシェルは、また風情が違う美しさがあり、、、。
バイバイ〜!モンサンミッシェル〜!とっても素敵な所でしたわぁ〜。

我らのこの旅行の写真を見て、23才の長男が言いました。

”俺も絶対、モンサンミッシェルに行く〜!
新婚旅行で、絶対ここに行く!”
って。
(あっ、まだお相手はおりませんようで、、結婚願望だけあるらしい)

夫はそれを聞いて、一瞬目を潤ませて笑いました。
(最近涙腺が弱いです^^)

自分の後をおってくる息子、、、嬉しいのだろうなぁ!

<Photo by 夫
by caelumselfhealing | 2010-01-28 17:56 | フランス

caelum=空 冬の光射す

今日は朝から雨、、、、空には厚い雲が立ちこめて、、さっむぅ〜〜な一日となりそうです。

この重たいお天気に冷たい空気 、、、、去年のフランス旅行でのモンサンミッシェルを思い出す。
着いたのは、4時頃、、曇り空に光が射す、モンサンミッシェルの周りを囲む湾、、、。
caelum=ラテン語で 空、青、天国、、我が、iPhoto 空の写真ブックより、、、。
b0167153_11553358.jpg
b0167153_11574583.jpg

                           


冬の空の厚い雲間の光って、いいですよね〜♪
見えないとこにも、ちゃんとお天道様は、いてくれたはるぅ〜!ほっとしますです^^。
思わず感謝〜^-^/。。

と、、ところで、
ううウ、、、
去年の旅行記、、、いまだ出来ていないのがあることを思い出す!
はよ、しなぁ〜^^;
今年もまた旅行が待っているってのに、、、。

ま、ぼちぼち仕上げて行きますゎ^^;

Rhoto by 夫、私が空の写真を集めているので撮ってくれた物です。デジイチ購入前のデジカメで撮影
by caelumselfhealing | 2010-01-28 11:56

Naturopathic Nuturition +: beneficial 有益な事 for health

b0167153_90513.jpg

体の為にベネフィシャル 有益なことのリストです。

しかし、、、
なんでもこだわり過ぎたらあきません!過ぎたるは及ばざるがごとしです。

自然食、食事療法は、楽しんでフレキシブルにやりましょう!

何でも、バランスよく、、自分に合った無理のない物で、面白おかしくやりましょう!
ほどほどにぃ〜(笑)
で、参考まで、、。
詳細についてはおいおい、、。
b0167153_23161814.jpg

                      一部 鶴見隆史医師の資料より抜粋  
b0167153_904294.jpg


最後にある日光浴、、、これは、結構重大事です。ビタミンDの補給に、、又、それがインフルエンザから身を守るということです。

大人も子供もすすんでしましょう。特に40〜50過ぎたマダムは、率先していたしましょう!
一日、30〜60分くらい、、、朝の10時位までが理想です。

この頃の寒い日や日焼けがいやなら、これこのように、
日中の陽が出ている間に、窓越しでも やらぬよりまだましです、
まあまあ、、OK ではないかと思っています。
暖まるだけでもいいと思います。

我が家の日光浴の風景です.
私はお気に入りの椅子で、読書などしつつ、うとうとと、、、。
お日さまとお昼寝なんて〜!!!とっても幸せな時間!
b0167153_2314481.jpg


あはは、、、ミュウに取られちゃいました^^;どいてくり〜(T−T)
b0167153_23203542.jpg

by caelumselfhealing | 2010-01-26 23:29 | Naturopathic Nutriti

オーガニックガーデン:一月の庭



オーガニックガーデンのアップです。めちゃくちゃ久しぶりです^^;
寒いからとほったらかしている我がオーガニックガーデン、、、、春に向ってどんどん進んじゃってます〜!もう、言ってる間に1月も後少しですものね!Time flies~~!

b0167153_19483395.jpg


スノードロップ:和名 待つ雪草 春を告げる花 球根花

しずくのような蕾をつりさげる。可憐な花。そっと、咲き始めました。



b0167153_19484598.jpg

このつるバラは、以前お願いしていた庭師のおじさんが、私が薔薇が好きというので、植えて行ってくれた薔薇。
名前は知らない、、、。

少し前の陽気につられて、咲いちゃったんでしょうか?
黄色い薔薇は、寒々とした1月の庭をぐっと明るくしてくれます。

農薬、化学肥料なし、、黒点病で、葉を秋にばっさり採った所なのに、きれいに咲いてくれました〜!^-^/




黄色いお花は、
春の訪れを感じさせてくれるとともに、春に向って調整する体にも、黄色というクリーニングの働きがあるっていうことで、目で楽しませてもらうのは、
これからの季節にとって、とっても ベネフィシャルfor healthですよ〜〜^-^


b0167153_19485874.jpg

水仙:球根花 下向き加減で、^^; 春を告げてくれるお花です。お正月前からずっと繰り返し花をつけてくれています。
by caelumselfhealing | 2010-01-25 19:26 | オーガニックガーデン

【2009 旅行記】 ルルドへ〜

b0167153_84916100.jpg

                  Rosa Centenaire de Lourdes(Floribunda Rose)つる薔薇 ”サントネール ドゥ ルルド”
                  
                   ルルドでマリア様の出現の100年の記念に、ネーミングされたというもの。
                   2009年2月のフランス ルルドを訪れた記念にと、植えた薔薇。


<<<<ルルドの事について、、。。>>>>>

ルルドへ行く事、、は、幼少の頃からの私の願いであった。
それは、小学校の時に、ルルドの劇で、洞窟のマリア像の役をやってから、、
(台詞なしでしたが^^;)

そして、前回の記事に出て来た 北海道に住むいとこの姉が、5才でこの世を去った時。

その子は、風邪をこじらせ、脳炎を併発し幼くして急逝したのだが、
私は、その子をとても可愛がっていたので(毎夏北海道で夏休みをすごしていたのです)
シスターに頼んで、ルルドのお水を頂いて、それを危篤の時に持って行こうとしました。
でも子供だからと行かせてもらえなく、お水を渡す事が出来なかったのです。

この出来事が、今の私の健康おたくの元となっている。彼女は大事に育てられ過ぎて、何かというと抗生物質を与えられていたので、とうとう いよいよな時に効かなかったと、、、その時から、薬嫌いになったのである。

で、あの時に、ひょっとしてお水を渡していたら、助かっていたのでは??と、
ずっと、そのことを心のどこかで後悔してたみたいです、、、例の私の大事な人が癌になった時に、今度は絶対行こうと思っていたら、、、。

なんと、
昨年、夫の出張についてフランスに行く事になり、どこかフランスで行きたい所は?と聞かれ、
ルルドに行く事となったのでした。

それも、最初のマリア様出現の日、2月11日がちょうど行けるということになり、、
、私にしては、これは偶然ではなく必然か!?っとなった次第。

今は、私は敬虔なキャソリック信者ではありません。念のため、、。

今頃ですが、^^; 去年出来ていなかった、ルルドの旅行記です>

では、まずは、ルルドのお話から、、、、。



ルルドの洞窟 マリア像
b0167153_1951194.jpg





" A Lady dressed in white"

それは、1858年2月11日の事。
フランスはピレネー山脈の麓 ルルドという町でのこと。

14才の少女ベルナデッタは、妹や友人と薪拾いをしていました。
洞窟の辺りで薪を拾っていると、白く光る物が目の前に現われます。
何だろうと目を凝らしていると、それは白い服をまとった婦人でありました。

ビックリして思わずロザリオを握りお祈りを始めます、、すると、その婦人は消えてしまいました。
慌てて 一緒にいた妹と友人に、彼女達も白いドレスの婦人を見たかどうか聞くのですが、彼女達は見ていないと答えます。
だったら、これはなかった事だったのに違いないと、妹達に、この事は誰にも話さないようにと
約束させました。
しかし、家に帰った妹は、秘密を守るのが我慢出来なくて、この事を母親に話してしまいます。
話を聞いた母親は、恐れおののいてベルナデッタを叱り、二度と再び その洞窟には行かないように言い渡しました。



The Apparitions  18回のご出現

2日後の事、ベルナデッタは ”Apparition"=突然出現したもの” のことがどうしても気になってしようがありません。そこで、神父様のところへ相談に行きました。
神父様は教区長に相談しましたが、
教区長は、子供の事だ、大した事ではないだろうと、ベルナデッタが、また洞窟に行く事を許しました。
そうして、また洞窟を訪れたベルナデッタの前に、"The Lady=白いドレスの婦人" が現れます。
The Ladyは、始めのときと同様に、ベルナデッタに優しい微笑みを浮かべておられます。

その後、The Ladyはベルナデッタの前に合計18回、お現れるになる事となります。

2月25日の9回目のApparitionの時の事、

The Ladyは、ベルナデッタに、
”泉まで行き、その水を飲んで体を清めなさい”と言いました。
ベルナデッタはそのようにしましたが、初めそのいずみの水は泥で濁っていました。
でも、ベルナデッタはおかまいなしに、濁った水で何度も顔を洗い、手ですくって口に運びました。何日かたつと、その水は濁りもなく、澄んだきれいな水になっていきました。

このいずみの水が、奇蹟の水として、今も尚 沢山の人がルルドを訪れる要因になっています。

また、The Ladyは、ベルナデッタに、
”司祭に伝えなさい。人々がここにくるように、そして、この地に教会を建てるよう”、と言いました。

この事はだんだんと町中の噂になって行き、その婦人は聖母マリア様ではないかと囁かれていきました。しかし、ベルナデッタは、その方をThe ladyとだけ呼び、聖母マリア様だとは、決して言いませんでした。
噂が広まるにつれ、教会関係者はいぶかしみベルナデッタを怪しみました。
で、ある時にベルナデッタに、その婦人の名前を聞いてくるように言いました。


広場の 冠を戴くマリア像
b0167153_05548.jpg




Que soy era Immaculada Councepciou 無原罪の御宿り
神父様に言われたベルナデッタは、the Ladyに名前を聞くと、
”ケ ソイ エラ インマクラダ カウンセプション=私は無原罪のおん宿りである”
、、と、答えられました。

その言葉は、無学な田舎の少女が知るべくもない、カトリック教義の聖母マリアを指す言葉であったのです。
神父達は、そのお方はまさしく聖母マリアであると信じる事になりました。

その後、聖母出現の噂がヨーロッパ中に広まり、
ルルドは、病人や救いを求める人達で訪れる人が途切れる事のない聖地となったのであります。



Pilgrimage 聖地巡礼

b0167153_2150532.jpg




Massabielle Grotto(洞窟)の中央に建てられた ルルドの神殿、、The Rosary basilicaロザリオ教会は、壮麗な建物で、世界でも有数の広さを誇る教会。

出現から1世紀半もの間、ルルドには毎年500万からなる巡礼者と観光客が訪れるようです。

ルルドの水が、病気を癒す力があるかどうか、、教会が認めている例がいくつかあります。
それは、本当に病が治ったのか、プラシーボ効果(偽の薬でも信じて飲むと体に効く、、というもの)であるかは、論争の的のようですが、、、。

しかし、実際お水を調べた所 非常によい水で、還元水素水のような水で、体に良い影響を与える水であると、聞いています。(←私の伝え聞く所による)



ロザリオ教会
b0167153_21591711.jpg




教会内の壁面
b0167153_22213531.jpg


参考;Louedes : MSM English version より

<<<<<編集後記>>>>>
ルルドへは、パリから飛行器で日帰りの旅としました。

行ったのは、2月、、シーズンオフでした、、ピレネー山脈の麓ですもの、2月はとても寒いのです。
行った日は、あいにくの雨で、今にも雪になるかという位寒い日となってしまいました。


ルルドはいい水がふんだんに溢れている地、マイナスイオン効果などであるのでしょうか、とても清々しい地でありました。
また、マリア様はみなの憧れで、みなから愛されている存在だからでしょう、、そこには、愛と感謝で一杯な、ポジティブなエネルギーで満ちている地でありました。

フランスやイタリアなどのローマンカトリックの聖地として、日本人が神社へお詣りに行く感覚でしょうね、、、。
各地から団体で来ている人達が多かったです。

何と言っても、お水が 取りあえず、美味しかったですね!!!

パリ オルリー空港からタルベ(Tarbes)空港まで、飛行機で飛びました。

9;10で行き、18:15の帰りで、洞窟を巡り水を飲んで、お土産用にペットボトルや購入した容器(*)に入れて、周りを散策して、、、と、充分な時間がありました。

肝心のお水ですが、洞窟への道にズラ〜ッと蛇口が並んでいて、誰でも自由にいただけます。
並ばずに、空いていて、いくつもの容器にお水を入れるのに困らなかったです。

洞窟内に入るのは、沢山の人が並んでいました。
そこで、ルルドのお水のバスタイムが経験出来るようです。バスタブにザップリとつけられるそうですが、、、この季節は寒いですよね^^;。大丈夫なんでしょうか?ノーアイデアです。。
勿論私たちはパスしました。

飛行機での所要時間は、1時間20分です。
タルベ空港からバスがでていますが、タクシーでも、それほど遠くはなかったです。
(空港→洞窟 10km)

(*)お水は、周りのお土産物屋さんで沢山の種類の入れ物が売っているので、それに入れて持ち帰れます。マリア様像の物や、ガラスのきれいな香水の瓶のようなものなど、、。
但し、機内への持ち込みは出来ません。

お水の効果?
さて、、どうでしょう?!
爽やかな とても飲んでいて、心も体も清められるような清々しさが味わえるお水でしたが、、
なにがしかのよい影響はあったのでは?!と、思っていますんですが、、、、。
b0167153_2332261.jpg

by caelumselfhealing | 2010-01-22 22:40 | フランス

Naturopathic Nuturition+: Avoidなこと The worst 1

b0167153_90513.jpg


<<昨日の記事で、AVOID 避けるべき事 for your health、
入れ忘れちゃいました、、、感情の事、、、抑圧された感情、、、ワースト1に〜!>>>


癌を作る大きな原因は、”ヨクアツサレタカンジョウ”である。、、とは、よく耳にする事。

体と心の関係は、切っても切れない関係にあるということは、近年ドクター達も言い出している事。

昨日、久しぶりに(20年くらい?)、私を○○お姉ちゃんと呼ぶ いとこと会った。
☎では話してるんだけど、彼女は北海道にお嫁に行ったので、長い事会っていないのだ。

彼女の病気のセカンドオピニオンを、さる知り合いのその病気の名医に聞きに行くため、、、。

良性ではない何かがあるので手術、、と、東京のさる名医の診断結果。

癌?

彼女の夫は医者である。その道の名医にかかっている。が、
やっぱ。セカンドオピニオンは必要だ。

やはり、悪性だった。

とても小さい小豆つぶで、超早期発見であったのが救いである。

当然 手術するべき、、との事。みつかったのはラッキーであったそうだ。

どう治すかは、本人の意思なので私はどうこう言えない。
発ガンしたら自然療法のみで治すのは、よっぽど勇気がいる。
やはり、お医者様にかかるのがベスト、、としか言えないし、それはここでとやかく言うべきではない事。
私がここで、提唱しているのは、予病まで、、。
(一応、食事療法の話はしているが、、)

彼女は、がんばり屋さん。自分はグット我慢して何でも抱え込んで、押し込んでしまう質がある。
それは、小さい時から、、、小さい時の母親の育て方が大きくトラウマとなって残っている。

実は、彼女の母、私の叔母であるが、叔母一家のことが私の今の健康おたく(?!笑)に影響を及ぼした大きな原因の一つである。(次回の記事にします、、ルルド編)

ま、それは今日の所はおいておいて、、、^^;

彼女、Mか?!と思わず言ってしまう程である(笑)

抑圧された感情、、、
知らず知らずに抑圧するよう埋め込まれて。それが癖になってしまってる。

もう一人のわたしの大事な人で癌闘病中の彼女も、そう、、同じ癖がある。

これは、食べ物より何より、、、Avoidリストの筆頭にあげんとあきません!

昨晩は、鍋を囲んで日本酒を飲みかわしながら(って、あかんやん〜!でも、よく飲む人で、、昨日はさすがに 飲むなとは言えませんで、、、)
嫌な事は、NO!と言える自分をまず作って!そして、自分を大事に、自分が変わらないと、
そして、笑ってぇ!と話して、別れた次第、、、。



今日は、お日さまが顔を出さず朝からグレーで、なんだか疲れてしまった私です、、。
よって、、、一日、エネルギー補充に冬眠に入ります.......ZZZZZZZZ....お昼寝ってこってす^^。
おやすみなさい。


b0167153_904294.jpg

by caelumselfhealing | 2010-01-21 11:44 | Naturopathic Nutriti

Naturopathic Nuturition+: AVOID 避けるべきこと

b0167153_90513.jpg



食養生をしていて、壁にぶつかるのは”だめ”な事が多い事だ。
これは体に毒だ悪いやらと、ネガティブな事が一杯出来てしまう。
悪いものを完全になくして生きるのは、今の日本の生活では無理!
そんなこと真剣にやっていたら、ストレスとなり出来なかったら自己嫌悪に陥り、不健康におびえ、心身ともに不安と恐れで、、、何のこっちゃと言う事になることもある、、。


美味しい物(チョコレートや赤福-前回の記事↓)や外食も、生活の潤いの為には必須である!と、私は強く思う。(自然食歴22年で、いろいろありましたんで、、、^^)

、、、そう、これ駄目あれ駄目と、敵をつくちゃあ、、あきません!
なんでも、やり過ぎこだわり過ぎ、,,”過ぎたるは及ばざるがごとし”、、、で、
バランスが大事!

でも、ここはと言うポイントは押さえておこう!

で、まずは、、
Aviod 避けるべき事、,,for your  health !
から、、、、一応頭に入れておくって大事!^^;
b0167153_1235386.jpg
        一部鶴見隆史医師の資料抜粋


各項目の詳細は続く、、、。

b0167153_904294.jpg

by caelumselfhealing | 2010-01-20 12:44 | Naturopathic Nutriti

ファスティング...断念す....^^;

b0167153_18334068.jpg

東京で、さる有名な代替医療のドクターにお会いして来た。

色々なメールを下さったり,本を送って下さったりで、なにか又ご縁があるかな?と思って受診した次第、、。

***Fasting=ファスティング=断食のことです。***


、、、で、そこで、ファスティング指導を受けてきましたが、、、。あっ,,ちなみに今のとこ私は健康問題はこれと言って、ありません。
強いて言えば、更年期系不整脈(神経性といわれる^^)ありましたが今は出てません。
あと、冬になったら出てくる,乾燥して痒くなるという,皮膚の問題。
これ位なんですが、
ま、、、健康おたくの私が自分の事で目指すは、
がん予防、若返り(これ一番!)いつまでも元気〜!、、の三つですかね。

      ファスティングメニューは、

梅干しと、お水のみの断食を1日& 生食(すりおろし野菜)のみの2日などで、
あとは、酵素食の16日間というもの。
<詳細はすみません!コピー&転写不可ですので、お教え出来ませんです。^^;>

一応、帰ってから、お肉なし、生食のみのプチファスティングで過ごし、今朝から始めようと思ったんですが、
 裏のお母さんが、お伊勢さん参りのお土産に,赤福を一箱持って来てくれはって^^;

捨てる訳にもいかんし、、、、食べちゃったっす^^;

きゃ〜〜っ、お砂糖ばっちりなお菓子なんて、先生の”止めて欲しい食品”のリストにはいってるし〜あかんやん〜〜!
ううう〜〜〜ファスティングの決意は、もろくも散りまひた〜〜!


自然食養生の新たな情報入手してきましたが、赤福の誘惑に負け、、アップする気も失せてしまいましたわ、、アハハ、,,(笑)

いやはや、、、”ありがたく頂いたら、なんだって体に良いとなる、”うんぬんを、また唱えている今日の私、、、^^;。。。。

その”気”+感謝のエネルギーでで、マイナス分相殺できないかっな〜〜?!きっと出来るさ!

ということで ナチュロパシック ニュトリションは又,次回という事で、、、。
by caelumselfhealing | 2010-01-18 18:34

おかえりやす~ : ミュウ

b0167153_15501246.jpg


うちのミュウさん、、、
東京から帰って来たら、まとわりつくのかと思ってたら、、、いない!!!
ほっほ〜こんなとこに!!
テレビの横なんだけど、、、こんなとこに登ってるの始めて見たわ!
ンンン〜かわいいなぁ〜飾っときたい!
by caelumselfhealing | 2010-01-17 15:57 | ペット