<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

子育て:感を養う:新居選び

b0167153_21272739.jpg


我が家は、よく引っ越しをする。
結婚後、アメリカも併せて11回引っ越しをしている。

引っ越しという、一家の一大イベントは、我が家の子供達の大切な教育の場であった。

、、、というのも、引っ越しでの一番大事な転居先の新居選びに、子供達の”感=観=勘”を養う事をするからである。。。^^。。。

新居を探す時に、必ず子供達に ”土地を観る”と言う事をさせていた。

土地や家を見て、ここに住むのはどうだろうか??と、子供達に聞く。

彼らが、5〜6才の時からさせている。
彼らは、大人の見えない物や感じない事を感じるから、至って的確な事を言ってくれる。

徐々に、土地や家を見る目が養われて行ったと思っている。

土地を感じ、家を観る、、という事をして、転居先の、心地よい家を探すのに役立てる。

では、我が家の新居選びの心得を:

まず、転居先の近所を実際、自分の足で歩く。

新しい家や部屋に入って、五感六感を研ぎすまし、いやな気がないか感じる。
<これは我が家の男どもは、至って優秀である.>

ポイントは、築年数15年以内、近くの環境。病院が近いのはNG。産科、幼稚園、学校はGood。

配管がきれいか、水回りの新しい事。 カビ、湿気の感じ。匂い。 日当り。 風の流れ。

そして、これが一番大切!
いやな”気”がないかどうか、、、。これは、霊的な物や、電磁波など、のこと。

家の息子達は2人とも、目に見えない何かの探知には長けていた。
特に次男は敏感で、結構いろんな人からよくわかると、次男に聞いて来た人もあったもんだ。

今回、次男の新居は次男が一人で決めて来た。
ちゃんと観た、、といっていたのに、部屋の横が信号機だったのには、心配しました。(前回の記事)
でも、、私も、実際部屋はいやな感じがしなかったのだが、、、で、調べたら、これは取り越し苦労だったようです、

信号機は、普通の電気製品並みの電磁波のようで、モーターがついている自販機の方がよっぽど心配だそうだ。

電磁波については、大きな送電線、鉄塔などは論外的にNG 。
、、だけれど、日本はそこら編の規制がないから、マンションなど鉄塔や送電線等の真横に建っていて、無神経というか無知には驚いてしまう.アメリカなら裁判沙汰だ。

<電磁波は今を生きる我らには防ぐ手だては、電磁波を発する物から距離を置く、、以外今の所なさそうである。
電場を防ぐ事は出来るが、磁場を防ぐ事はできないそうだ。>

さて、土地を観る、、という教育は、新居探しのためだけではない、 本当の目的は、生きる為の感を育てる、とこに繋がるからだ。
一種の帝王学の一つ、、と言えば、オーバーかな?!
003.gif
ま、そんな感じです。
by caelumselfhealing | 2010-03-30 22:15 | 子育て

お疲れ〜引っ越し

先日帰って参りました、、、、が、疲れてしまって、なかなか投稿出来ないでおりました^^;

今回の上京の、ビックイベントの一つ、一番大きいかな??は、息子の引っ越しでした!

息子達2人で暮らしていましたが、長男が卒業して会社に入るので、次男の独り住まいへのお引っ越し〜〜〜、、、
、、、、の手伝いでしたが、、、
次男ったら、ぎりぎりまで何もしないタイプ^^;
尚かつ、連日の飲み会、それってコンパという?卒業生の追い出しコンパなどで、
二日酔いで尚かつ風邪ひきで、引っ越し前日にダウン〜〜〜〜033.gif

セルフヒーリング@ホームを提唱している我が家の治療法は、、、
<<<お腹にきているようだったので、そのウイルスとマイコプラズマ系へのハーブチンキ←我が秘薬のチンキ(笑)に、
周波数治療器での#996の周波数(ハルダクラーク女史のザッパーの改良版)と、おニューのメソッドである手指鍼のツボ押しを施術、、、、>>>>>>>>

結構すぐに効いたようでしたよ049.gif、、当日には、なんとか動けるようになって、ホッでした。^-^/

手の指のツボは、すごい!<色々実験中ですので、今後記事にして行きたいと思っていますが、しばらくお待ち下さい)>

長男はというと、さっさと自分の荷物は先に引っ越しを済ませていて、連日連夜のお別れ会、、、
で忙しいこっちゃ!!!で、、、助っ人の頼りにならず、、、、
いったい誰が?????031.gifって、、私が頑張って引っ越しをして来た訳でありまして、、、
めちゃめちゃ疲れて戻って参りました。
男の子は、大雑把だから、ほっとけない!

しかしながら、、、あ〜〜〜〜なんだか、面倒見過ぎだったかな〜〜!?と反省、、、。

でも、彼らの住まいは、家族が上京した時にも泊まれるようになっていたものだから、息子達だけにまかせられないので、、、私がやらなぁしょうがない、、で、働き過ぎで体が痛い!
日頃、怠け過ぎでしたね^^;反省、、、もっと、体を軽くしなきゃ〜〜^^;

次男の新居は、1+リビングキッチン。
これからは、ちょっと狭いくなってしまいます。

また、ちょっと心配なのが、部屋が信号機の真横で、
電磁波の問題が 013.gif、、、。

今ちょうど調べていて、どうやって影響を少なくするか思案中であります。
いい物を見っけたら、また記事にしますね!


*この記事は、昨夜投稿しましたが、記事を一部付記しております。3/29 08:39*
by caelumselfhealing | 2010-03-28 23:54

卒業式

b0167153_22425913.jpg


iPhoneから、写真付き投稿しています。
写真が、うまく撮れていないかもです
^_^;。

今日は長男の大学の卒業式でした。

今回の上京のビックイベントの一つ。

心配していた空模様も、晴天に恵まれて、ほんに佳いお日和で、
久しぶりのスーツでおめかしした私は、ほっとしました。

六千人級の卒業式で、父兄は別の会場からモニターを見ながらの参列でした。




祝辞にて、

しっかり大学で学んだ事を、社会に役立て、社会に貢献していく人になる
よう、
この激動の時代における日本や世界のリーダーたれと、塾長のお言葉でし
た。
未来への希望に燃える若者達、
頑張って、持続可能な平和な世界へと
導く人になってほしいものです。

卒業おめでとう!
by caelumselfhealing | 2010-03-23 22:42

iPhoneからの投稿

b0167153_2255469.jpg



iPhoneから写真付きの投稿を試しています!

これは、先日の講演会会場である九段下の科学技術館への道、清水門から
上がって行く所です。

講演会は、鶴見先生と彗星探索家の木内さんです。
いろんな最新情報仕入れましたよ!
内容は、また後日投稿します^_^*
by caelumselfhealing | 2010-03-23 22:05

今日は、、、

先月から、手の鍼のセミナーに通っています。
足ツボの理論と同じく、手にも体のツボがあり、そのツボを刺激することにより、
鍼灸と同じ効果があるという物です。

初心者ながら試してみると、よく効きます。

花粉症気味な私は、お薬などは服用しませんが、
朝や風の強い日などに、少しの間、くしゃみや鼻水が出て来ます。
ツボを押すと、軽減されて止まります。

花粉症やアレルギーは体質だと言い、体質改善しか治す道はないと言います。
でも、このアレルギー体質は、おいそれとは変わる物ではありません。
こういう体質の人は、なにらしかのアレルギー反応が出る物だと経験上思っています。
また、過敏である事は、時としていい物でもあります。^-^ /。。。

ま、これはさておき、、、。

眼のかゆみは、なかなか効き目は確認出来ませんが、、、^^;これも、研究して行こうと思っています。

セミナーは、一年間です、、、習得すれば、おいおい報告したいと思います。

また、明日から東京へ行って来ます!

途中、iPhoneから、記事がアップ出来たらしていきたいと思います〜!

では、行ってきます!029.gif 041.gif 029.gif
b0167153_8465178.jpg

by caelumselfhealing | 2010-03-20 08:48

乾燥にはムチン

花粉症の季節です^^;
今年は、眼がムズムズします、お顔が乾燥して、痒くなりそうな気配、、、。

アレルギーは、水毒からという、、。例の石原先生のお教え通り、お水を飲むのを止めたら、
なんだか、体が乾燥しているような気がしている。

この季節、ショウガ湯やショウガ紅茶だけでなく、お白湯にしてお水も少し増やそうと思っています。

アレルギー反応が出るという事は、ヒスタミンが出ているという事で、ヒスタミンが出るという事は、出る時に水分を摂るらしいので、水不足になると言う、、これは、キャサリンからの教え。

お水は飲まないで、ヒスタミンが出ると、お水が失われて、、、かさかさになったらいやだし、、。
体の乾燥を防ぐ事が、緊急テーマになってます!
お肌の乾燥を防ぐには、ムチン!
体の保湿には、ムチン豊富な、ぬるぬるネバネバ食品を!と、石原先生や鶴見先生が推奨されている。
、、で、、もっぱら、この頃は、ムチン摂取に努めています。

“ぬるぬるネバネバ食品”とは、
やまいも、里芋、もずく、わかめ、納豆、カレイのにこごり、牡蠣、おくら、など。

春の風、、桜やお花の季節は嬉しいのだけれど、黄砂もあり、春の風は、いやな物を引っ付けて飛んでくるんで、アレルギー反応おこりそう、、。

体を冷やさないように、体の保湿にきをつけよう!


我が家の定番ネバネバ食品=やまいも+モロへイア+納豆+かごめ昆布+梅干しを、混ぜ混ぜしていただきます。
b0167153_2330475.jpg

by caelumselfhealing | 2010-03-19 23:34 | Naturopathic Nutriti

オーガニックガーデン:3月の庭

三寒四温、、、春近し、、ですね!

我が家のオーガニックガーデンの、3月のお花達、、、。
この季節に咲いている子たち、、とても強いです。
無農薬、低有機肥料でもずっと咲いています。
オーガニックガーデンお薦めのお花達。
b0167153_8461942.jpg


ラベンダーは、ナンテッタって強い!真夏以外は、ずっと咲いてるような気がする(^-^)
伸びた枝を切って、柔らかい土に挿すだけで、増えて行く。

b0167153_8463399.jpg


パンジーは、年末に植えたもの。ナメクジ被害あり、、ですが、、でも、次から次へお花がつきます。
b0167153_8464624.jpg


クリスマスローズは、お花をたわわにつけて、いつものように うつむいて咲いている。
b0167153_847328.jpg


煙突下の、アンジェラです。今年も沢山お花をつけてくれそうです。♪♪♪
煙突下に植えるのがよっぽど、相性がいいのでしょうか?!
アンジェラの足下に植えた、ピンクマーガレットも、大株になり、
ずっと、お花を咲かせてくれます。

お花や木も、同じ庭で日当りを考慮しても、、植えていい所と駄目な所がある。
見極めがいるんですよね、、、。これも経験と、自然に耳を傾ける事で、会得できるんでしょうね。
b0167153_8484579.jpg

b0167153_8541065.jpg


ミモザが咲きました♪〜。まだ枝が小ぶりで、黄色いボンボンがワサワサ枝にたなびく、、というのには、後2〜3年はかかりそうです。
b0167153_8473233.jpg

by caelumselfhealing | 2010-03-16 09:01 | オーガニックガーデン

毎日、おでかけで、、、^^;

また、明日に、、、なんて言ったまま投稿せず、おいてきぼりの記事あり、なのに、、、。^^;

なんだか、毎日バタバタしております。
昨日も、京都で旧友とブラブラおしゃべり三昧で、一日はあっという間に過ぎ行く〜〜でした(笑)

iPhoneも触り出したら楽しいし、、、、。
日がな一日、、止められない事、、、、これは読書なんですが、、、。
本は読みたし、、用事が溜まって、、で、何やら、忙しい日々となっています。

明日は、夫が久しぶりにお休みなので、お庭のお手入れの予定。
ミモザがもう咲きそうです♪
また、オーがニックガーデン日記をアップしたいと思います。
by caelumselfhealing | 2010-03-14 00:28

映画:Invictus

昨夜、急な夫の映画鑑賞の誘いに、"Invictus" 邦題:負けざる者達、を観てきました。

感動の映画でした!
こういったスポーツがらみの男の感動ものには、すこぶる弱い夫は、勿論、
最後は涙、涙でありましたとさ、、。(笑)

Invictusはラテン語で、意味は、unconquared, undefeated。征服されない。負け知らず。

私的には、”征服されざるもの”、、とか、負けざる者より、もっと人間の精神がいかに強く屈しないか、、など、尊厳的なものを強調した訳し方が良かったななんて、思っていますが、、、。
(偉そうに!^^;すんません)
そんな不屈の精神が主体のドラマです。

内容については、予告編をご覧下さい!↓
" target="_blank">



クリントイーストウッド作品です。やっぱり、彼ははすごい!

モーガン フリーマンが主役です、、、この方が、クリントイーストウッドに製作依頼されたとか?!

マッド デイモンも、ヒューマニストで、苦難の渦中のアフリカの国への感心が高い人のようですから、やっぱりね、、と、ますますファンになっちゃいました。

劇中に出てくる、数々のきらめくメッセージ性ある言葉の中でも、
冒頭で流れ劇中でもしょっちゅう使われる、
英国の詩人、William Ernest Henly の詩" Invictus"
これが、すごい!ズンと心に響きました!

<暗黒の暗闇が覆うなかでも、私は、神に感謝する。征服されざる魂を授けてくれた事を、、
から始まり、
どんだけ、えげつなく大変な状況であっても
(途中割愛して、めちゃくちゃの大約です、、^^;)
曲がりくねった出口であろうが、めくるめく懲罰に科せられ様が、関係ない、
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.
私が、私の運命のマスターであり、
私が私の魂のキャプテンである。


特に、この赤字の所が心に響きます!


劇中 マッド デイモンが、言いました。マンデラさんが、押し込められていた監獄を見て、、。
”30年あまりもの間、こんな狭い独房にいて、どうして許す事が出来たんだ!”
って、、。
どんだけ あなたは強いんだ?!って、、
それは、この一つの詩が自分を鼓舞したのだと、、、。

あ〜〜〜、これを見たら、どんなことだって、なんて事ない大した事じゃないって思えます。
もし、今後 困難な事があったって、よし、頑張ろうって!

あ、それから、こんな事も言ってます。
まず、許す事からはじめよう!
また、まず自分が変わろうって。

自分の人生ですもの、何者にも征服されずに、人のせいにせず、与えられた己の本分を全うしたいもんですね!

英語の原文です。
しっかり、イミを知りたい方は、ご自分で訳して下さい〜!
*Invictus

Out of the night that covers me,
Black as the pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds and shall find me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll,
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

.........From Wikipedia, the free encyclopedia
by caelumselfhealing | 2010-03-11 10:29 | 心の栄養

子育て:不登校転じて福となす

今、愛子様の問題がニュースで取りざたされていますが、、なんだか、大事になって大変ですね^^;
ま、それについては何とも言えませんが、、。

昔の事ですが、家の、息子達も、不登校でしたの、、、^^;


でもね、、それで良かったって、今にして思えば思えて、
それこそ、学校に行かなかった事に感謝してるくらいです(笑)

うちらにしては、今の時点で大結果オーライになってる物で、、、041.gif
不登校転じて福となす!だな、、、なんて、想いを巡らせている今日この頃^-^。。

うちの不登校問題ッて、、こういうこってす。

今から13〜4年前がピークでした。
一番の原因が、学校における”迷惑行為”(?!)今はそう呼ぶのですね、、(笑)
当時は暴力教室とか、学級崩壊と、呼ばれていて、

塾へ行っているお受験の子たちが中心で、学級を崩壊さすという、。
お決まりのコースが、生徒たちが先生の授業がばからしく、授業中騒いで暴力を振るう、先生の言う事を聞かない、、そして、先生が精神を病み休む、親を呼んでも出て来ない、生徒たちは授業中それぞれの受験勉強をして自習する、等など、、です。

学校は、臭い物には蓋の姿勢を貫き、先生と学校を守るだけで、
子供たちには、なんら解決策や、指導すらない状態でありました。


その頃の私は、子供たちが学校にいかないのに、担任の先生から泣きつかれて、PTAの役員になり、あほらしい事この上ないことでしたが、子供の代わりに毎日のように学校に行っておりました。

まず、我が家では、塾&お受験を鼻から否定して、一風変わった教育法をしていたので、
学校に行かなければならない、、とは思ってはいなかったので、不登校を、まあいいや、、と、
高をくくっていましたの、、。
そして、
学校の実態がひどい物でした!(ちなみに公立です)
毎日PTA役員として通う事によって明らかになるにつけ、日本の学校教育は駄目だと、真底思い、
行かない方が良い、とまで思っていまして、、、、
子供の好きなように、やらせていました。

見事に、殆ど学校には行かなかったですね(笑)

でも、2人の息子達が2人ともなので、、長引くと、これがまた実際には結構辛い!!!

実は、母子とも心の奥では、傷ついているんですね、、これが、、。
この先どうなるのだとの先行き不安と、学校に行かない事は悪い事だという先入観があって、
特に、世間がその頃には、まだ不登校に理解がなかったので、
形見が狭いということで、段々自分たちが、おかしいと、思ってくる。

これは、へたしたら、ずっと引きずるトラウマになります。

これは、なかなかに、よっぽどの意志力がなけりゃ、精神的に参って来ることなんですよね。

で、日本の教育を見限って、アメリカに行きたいと強く想い始めました。

想えば、想いって実現する物です。
ちょうど うまい具合に、夫の会社の関係でアメリカへ行ける事となりました。

その点、幸いにも全てがうまく行く、とてもラッキーな事が重なったのです。でも、
夫が、逆単身赴任状態になり、一人日本に住んだのですが、それが一番の犠牲と言えば犠牲でしょう、、。
ま、これはさておき^^;

子供たちが、機嫌良く学校に通っていたら、アメリカ転居は実現しなかった事です!
親戚は、双方の実家ともに大賛成してくれて、喜んで見送ってくれました。
こんな事がなかったら、アメリカで子供たちを育てるなんて、誰も私の我が儘としか思わなかったでしょうから、、、。

実は、アメリカに住んで子供を育てるというのは、結婚してからの私の夢でしたの、、、。
”アメリカで子供を育てグローバルな教育を!”という、
私の夢が、叶った訳ですから、災い転じて福となす!と、子育てが終了した今、真底思う訳でして、、。
アメリカへ行って、日本での不登校での問題より、さらに問題は一杯出て来たリと、順風満帆ではありませんでしたが、アメリカで教育を受けた事が子供達にとって、大きな力になったと、大成功だったと思っています。
b0167153_1245543.jpg

         <アメリカの現地の公立のハイスクールの卒業式です。マンモス校でして、フットボールのスタジアムで行われました。>

ちなみに、息子達は、実は殆ど小学校の高学年の勉強が出来ていません。
アメリカへ渡ってからも、1〜2年は、英語習得に半分以上の授業が費やされていましたのでね。

でも、今や、日本の私学最高と言われる慶應の経済と法学法律科に行ってます。
(帰国子女受験でですが、、^^;)

勉強は、はっきり言って、我が家の事ですから、そんなにしてないんですよ。
でも、ま、そんな中、お兄ちゃんは、今年順調に4年で卒業し、第一志望のグローバル会社に即決内定をもらい、
本人の思った通りの道を歩んでいます。

次男は、英語の本を読む方が楽だったというのに、日本で弁護士目指して頑張っている。
法律用語の難解さと漢字の羅列に四苦八苦〜〜してましたが^^;

日本に大学入学で帰国した訳ですが、慶應に合格したというと、皆の扱いが一変したのには、
驚きました。反響の大きかった事ったら、笑えちゃいました!
なぜなら、日本を離れる時は、あの不登校児がどうなる事やら、、と思われていたようでして、、、(笑)

私たちはそれほどとは思っていなくって、慶應入学ってそんなに値打ちがあるものなのか、息子共々びっくりした次第。(笑)

別に、慶應に入ったから結果大オーライじゃなく、自分の想いや夢を実現させる力、それに向って自分で考えて、着実に進んで行ける力を得た事、、これがうちでの、オーライで、、。
あの、悶々とした不登校の時期があってこその、今がある!と思っています。

次男は元々、幼稚園から不登校気味の子で、よく小学校の校門で泣いていたもんです。
それを見て、いつも犬を連れて散歩してる近所のおばあちゃんが、言ってくれはりました。

”この子は偉い子になるよ!怒ったらあかんよ!小さい時から辛い事を知ってる子は、大きいなったら人の痛みが分かる子になる。将来立派な人になる”、、と。

この言葉は、ありがたがったですね。
今は泣いているけど、今に大きいなったら!!!どやさっって!(笑)
竜馬の姉の乙女見たく、今は泣き虫だけど、大きくなったら人物になって社会に貢献する子に〜〜!
って、親バカチャンリンに思ってましたの^^;。

でも、この親バカが、子育てにはとっても大事な事だと思います。
これで、子供は救われる。

さて、
人の痛みが分かる、、、これは、何よりの教育なんじゃないでしょうか!

また、
不登校の問題にては、学校に行けない事を、クローズアップしてはあきません。
私の経験から、言わせてもらえば、、、.
理由はなんであれ、行く行かないじゃなく、その何かの問題を本人と母親(これは絶対父親じゃなく母親が大きい)で、対処して経験として乗り越えて行くべき物。

何処に行こうが、今の世の中、学校は問題ありです。子供もその親も問題あります。先生も!

学校だけにとどまらず、生きて行く上には、色々ありますって!

そこで、
他のせいにしない事がこういう事での、味噌です!
他のせいにすると、せっっかくの学びが、なくなります。
さらに、
被害者意識は、持ったらあきません。どんなことも、他人のせいにしてはあきません。
本人や、周り(母親)が成長する上で乗り越えるべき、今生のテーマの一つととらえるべきです。
人のせいにしてると、子供でも卑屈になっちゃいます。それは、怖い事です。
人間、誇りをなくしたら、どうにもなりません。

幼少時のある種の苦労は、いい事です!
それで、人の痛みが分かるようになる、というのは、すごい事ですから。

ましてや、世界に目を向ければ、日本の子たちは、めちゃくちゃ恵まれています。
貧困や、内戦などの下で育ってる子供達と比べると、何と幸せな事か!
世界を広く見て、今を感謝することです^^。。

また、こういう事を体験していると、自分がされていやな事と言うのが分かります。
そういうことは人にはしない事、人が可哀想と思う、これが分かると、人生における基本的な倫理観が育つから、いいもんです。


長くなっちゃいましたが、、、^^;
問題は、本人がどう乗り越えるか、自分を練らせて経験さすこと、そうすると、自ずと道は拓ける!です。
これは、根を育てる事になります!
父や母は、じっくりその痛みを共有して、支えるのみで、忍耐あるのみです!

そうしていると、不登校も転じて福となす!って、今に言える!
これが一番言いたい事でした(笑)

今日は、不登校経験談ってなっちゃいまひた〜006.gif

       <当時の息子達の救いとなった、ミュウ、、動物はいいですね!母には及ばぬ所を癒してくれる。ありがたいこってした。>
b0167153_1102490.jpg
b0167153_1121433.jpg

by caelumselfhealing | 2010-03-09 13:18 | 子育て