猫と犬の自然療法*太り過ぎ

今日は、
友人とランチして、お茶して、夜もまた一緒に食べて、
思いっきりおしゃべり三昧の一日を送って来たのだが、、、、。

今朝のおおでまりです。
b0167153_2314309.jpg




その話の中で、胸が痛むことがあった。

友人のお友達の猫ちゃんが病気とのこと、、相当悪く手の施しようが無いらしい。
、、で彼女は、その猫ちゃんを携帯の待ち受けにして、
せめて、遠隔ヒーリングをと、パワーを送っている。

13才で、足腰が立たなくなってよろけてトイレもままならない、、
で、お医者様も、何が悪いのか分からないらしく、後はMRIとって調べるしかないらしい。

でも、なんとか、自然療法でお家でお手当出来ないか、、、、。

その子は、太り過ぎ、血液がドロドロってことで、
まず、考えられる病気は、心臓病、腎臓、肝臓、高血圧、糖尿病、か?。
って、全部ね、、、。

ペットの太り過ぎは、ちゃんとした栄養を摂取出来ていないから、栄養を欲して食べ過ぎてしまうから、と言われている、。
いわゆる一般の添加物がいっぱいのペットフードで、栄養不足に陥っている。


添加物フリーの自然食ペットフードか手作りが望ましい。
(色々な事情で無理な事もあるかも、,)、、なら、適当な栄養を与えること、、。
少なくとも、人間と同じように塩や砂糖なんてとらないことだ。

何はさておき、太り過ぎは全ての病気のもととなる。

では、自然療法で今の状態を癒すにはどうするか?
b0167153_2385354.jpg


まずは一日位、絶食して、デトックスする。
絶食中は、十分なお水、もしくは蜂蜜水をあげる。
(犬猫ちゃんは、たまに絶食させるのが健康維持にいいそうである。
我が家では、一年に1〜2食抜かす。うちの子達は少し痩せてるから,そんなもんでいいみたい)

そして、あとは、下のナチュロパシーやハーブなどで、
出来るものをあげたらいいんではないかと思う。

ナチュロパシー:

便秘気味ならまずそれを解消する事。毒素がたまってしまうから。
便秘には、
アロエベラジュースにクロロフィルを入れたものを飲ます、

太り過ぎ、血液をきれいにするには以下のものを与える。(エージング対策にもにもほぼ同じ)

消化酵素
<人間と同じくとても重要なもの>
海藻(昆布やわかめ、ひじき、めかぶを粉末に)
<これは、甲状腺を活性化する。これの不足は徐々に肥満を助長さす。>
ニンニク
<とてもいい解毒剤。粉末のものを少しづつ餌に混ぜ込んでやる。
これは、ノミやダニの虫除けの方法の一つでもある。>

サプリメント:
レシチン
ビタミンBコンプレックス
<特にB6、B3、ビール酵母が安価であげやすい>
オメガ3オイル
<血液浄化、>
コエンザイムQ10
<免疫システム、心臓、ストレス対抗によい>
人間の体重と比較して、適量を与える。だいたい1/5〜1/6。

ハーブ:
ダンディライオン
<肝臓のクレンジング>
スギナ
<腎臓系、泌尿器>
ユッカ
<関節、ナチュラルなステロイド>
ホーソーン(さんざし)
<心臓病治療薬、ストレス、血圧のバランス>
タンポポやスギナなど、生のものは、小さく切って餌に混ぜる
ドライハーブは新鮮なものを選ぶ事、ティにして、大さじ1〜3を一日2〜3回。
体重による。

もっと,真剣にするなら、ホメオパシーレメディを使う事だが、
病状が分からないと難しい。

フラワーエッセンスも、心から作用するのにいいものだ。
まず、レスキューレメディをあげるのもいいかもしれない。

あとは、手を肝臓や腎臓にあてて、パワーをあげるとか、
気持良さそうにする所を,さすってあげるくらいでしょうか、、、。
お大事に、、と祈るばかりです!



b0167153_2383713.jpg

by caelumselfhealing | 2009-04-22 23:33 | ペット
<< self-healing:太り... お花のヒーリングパワー: Ja... >>