一度は泊まってみたい宿:由布院 玉の湯

昨日、長男が東京の大学のために帰るので、午前中お庭の草刈りを手伝ってくれて、、、
暑かったですのよ~~、、日本中暑かったでしょうが、、、

で、なかなかブログ更新できませんでした、、、。


ちゃっちゃっと書かなきゃ、旅行記なんて忘れちゃいますね~~~(^_^;)
今日から、続けて由布院阿蘇の旅を書いていきます~~~~!


                ****************


由布院へは、大分空港からレンタカーを借りて、
大阪では考えられないような車のない道を、滑るように走って1時間弱ほどのところ、、。

梅雨はまだあけていなかったけれど、まずまずのお天気。

標高500以上あるので、相対的に涼しいよ~~♪

山並みの道路を走って、このトンネルを抜けると由布院であった、、、なんちゃって003.gif、、、、

b0167153_22113949.jpg


由布岳
b0167153_22132137.jpg



今日のお宿は、憧れの”玉の湯”

b0167153_22143622.jpg



子育てにまい進していた頃、
夫が言っていたのは、
”子育てが終わったら、絶対いろいろ旅行に連れて行ったゲル、、、”

私が子育てオンリーでずっと家にいて、その間、夫は超多忙(今でもだが)で、留守がち、、、

”いいよなぁ、、いろんなとこ行けて、、、”と、
出張で海外や日本国内を行き来している夫に、うらやましそうに言ってたもんだ!

で、子供たちが巣立ってから、出張に一緒に同行したり、
日頃休みがない分、
暇を見つけては休暇をとって、いろんなところに連れて行ってくれるようになった。

”ほら 言ってたやろう?!I told you!”、、と夫。


”ふ~~ん、ほんまやったんやねえ~~”
なんちゃって、、((^◇^)

旅館などは、全部夫が手配する。

こうして、去年ぐらいから、
我らの熟年の旅 ”一度は泊まってみたい宿めぐり” が始まった、、、♪

玉の湯は、15年前に子供たちを連れて別府温泉に行き、そこから観光で由布院へ立ち寄り、

外からだけ眺めて、今度来るときはこんな旅館に泊まってみたいもんだ、、、!

と、思っていた旅館!

夫には話していなかったのに、、以心伝心?
My dream comes true!

夫に感謝~~016.gif

b0167153_2243510.jpg

そうそう、、この前庭も覚えているさ、、、
やんちゃ盛りの息子達を連れて、、、、
ここは絶対 こんな子たち連れて泊られへん、、、、(-_-;)って、思ったもんだ

でも、いつの日にか、、、と、夢見てたんやねえ、、、。自分でも忘れてた!

b0167153_22272827.jpg

到着してチェックインはこの部屋で


図書室
b0167153_23355224.jpg


広い敷地にお部屋が、、、、お部屋への廊下
b0167153_22282940.jpg


桃の間
b0167153_22284816.jpg

広々とした間取り
b0167153_22291350.jpg

b0167153_22293025.jpg
b0167153_22294918.jpg


お水がいつも打ってある お玄関の前庭
b0167153_2230832.jpg


落ち着いたいいお宿でした。
お食事は、写真を撮っていただくと、せっかくのおご馳走の気分がそがれるので、パスしました。

お宿の相対評価は、1~5で5が最高だとすると、4.0
お食事は、お味が甘かったので、1~5の3.5
お風呂は、露天風呂が気持ちよかったので4.0

お肌はすべすべで気持ちよいお湯でした。

由布院の街
b0167153_22495740.jpg

b0167153_22484752.jpg



由布院には、有名なお宿が3つある、、。

玉の湯と、もう一つのお宿が、
ムラタ(難しい漢字ですが、覚えていないのです。ごめんね(・・;))
参考のため見に行った。

カフェが素敵そうだったので、カフェでお茶してきました。古い民家を移築してある、
侘び寂びなんだけれど、それでいてジャズが似合うモダンな感じがする造り、
とても素敵でした。
b0167153_22541137.jpg

b0167153_233567.jpg


次の日は、
阿蘇へ、、、、
そこは、超.........非日常の異空間のようなお宿、、
”界 ASO”

雨が降りしきり 靄に包まれた幻想的な山の景色となった一日でした、、。

,,,,,,,,,,,,続きます。
by caelumselfhealing | 2009-07-13 23:13 | 日本編:一度は泊まってみたい宿
<< 一度は泊まってみたい宿:界 ASO 帰ってきました〜♪ >>