一度は泊まってみたい宿;軽井沢 星のや

今年のお盆休みは、長男が軽井沢でバイトするというのでなぜか我らも軽井沢へ行く事になりました。

軽井沢は、結婚してから子供が出来る前に一度軽井沢プリンスで泊まった事があります。
もう昔の事なので,すっかり忘れてしまってますね、、、。

今回は、なにもせずにお宿にゆっくり滞在するという欧米化?スタイルで、。

星のやさんは、まさに滞在型、、。


b0167153_23235518.jpg

駐車場からお宿の車に乗って、フロントと宿泊施設のある敷地まで移動する。
これは、車から切り離してお客様を谷の集落だけで過ごして頂くと言うコンセプト。ですって。
我らは、結構これにハマり、日中は部屋でゴロゴロor 敷地内散策して過ごしました。

温泉がいいので、湯あたりか?温泉効果があったのか、だるくて夫とお昼寝三昧でした。
涼しいので、よく眠れる事ったら、、、。(笑)

テレビがないので、地震や豪雨のニュースも知らずに過ごしました。
唯一新聞だけが、ニュースソースです。

山手、水辺と日本建築のお部屋が並ぶ  水辺のお部屋が人気のようです。
b0167153_22321578.jpg




我らがお部屋は、山路地部屋 これは部屋から見た道を挟んだ下のお部屋
b0167153_22324983.jpg



b0167153_22342228.jpg


ベッドルーム奥にトイレとお風呂 檜の内風呂
b0167153_2236625.jpg


テラスでゴロリン〜〜気持よい〜〜ったら!
b0167153_22361945.jpg


自然風でいて良く手入れがなされているお庭。
b0167153_22364432.jpg



敷地内には川が流れ、小さな滝や棚田がある。橋を渡ってフロントとレストラン、ライブラリーに行く
b0167153_2237342.jpg


日本料理レストランの上はライブラリー
b0167153_22372999.jpg


下には、ガラス一面に広がる棚田を見渡しながらお食事
b0167153_22405039.jpg


敷地の端っこにお風呂がある。 左手前が男湯 奥に女湯 真ん中にスパがある
光と闇のメディテーションバス 源泉掛け流しの湯

”光と闇のメディテーション”というだけあって暗い!個性的な斬新なデザインなんだけど、 暗くて閉塞感あって、夜はちょっと怖かった。今様でオシャレっぽいのかも知れないが、
お風呂はスカッとした方が好きなんだけど、、。これは残念だった。
b0167153_22411474.jpg


宿泊者は、トンボの湯と言う星野温泉に無料で入れる。宿の敷地から出てすぐの所、軽井沢の自然が感じられる露天風呂が気持よい。日中は混んでいるので、宿泊者専用のオープン前9:00〜10:00に入るのを薦める。
b0167153_23225742.jpg


敷地内は、軽井沢の自然がいっぱい、、
b0167153_22475243.jpg
b0167153_22481176.jpgb0167153_22482661.jpg
b0167153_2248411.jpg


お部屋のテラスでごろりンと横になり,眺める空、、、うとうと気がついたら心地よい眠りに、、。風がすがすがしくて気持よかったこと!
b0167153_2249537.jpg



高原はもう秋が近いのかな?

b0167153_22503327.jpgb0167153_22504998.jpg


お宿は,滞在型にはばっちり、、。
お子様づれにはちょっと退屈かも、、。
全体的に暗くて、お年寄りには足下が危ないかもしれない。
我らも、見えにくくて困ったです。

お食事は、今ひとつ、,普通ですね。
2回外食に出かけました>(ビラデスト、とミクニ,二つとも最高に美味しかったです)

サービスは、まあまあ、、。

本を持って行ったので夫はしっかり読書出来たようですが、テレビがなく3日めにはちょっとテレビが恋しくなりました。

お盆だったからでしょう、外に出るにはすごい車で渋滞しているのでじっとお宿にいるのはグッドでした。
水が流れて風がここちよく、快適空間でした、また、来たいな〜〜!b0167153_23414760.jpg
暑い夏に水の流れはいいですよねぇ〜〜!水の瞑想ッてあるように、水の流れを見ているだけで、浄化されそうで、、、いいよなぁ〜〜!涼し気やし〜〜!
b0167153_23431958.jpg

軽井沢旅行 上田のワイナリーと農園のビラデストへ続きます006.gif
by caelumselfhealing | 2009-08-17 23:32 | 日本編:一度は泊まってみたい宿
<< 夢などみなくていい 知らぬが仏!?の軽井沢行 >>