Bon Voyage!よい旅を〜〜!

記事の中で、追記した箇所あり、、^^;(9/26 23:37)
b0167153_1312476.jpg



今朝早く、夫の両親が台北へ旅立った。
4泊5日の旅。

昨日には、長男がバリ島へ、、。今月2度目の卒業旅行。
同じく4泊5日。

家族が海外旅行中、いつも私は緊張する。
インフルエンザが大流行中、、とか、、色々心配はつきない、、、、。
これも一家の主婦である私の嫁として母としての努めっすねぇ。

思い出す度、無事を祈る、、、。楽しい旅行であれ!と。
今日も秋晴れ、お日さまが輝いている。そして、お日さまをあおいでは心で家族を想うのんです。

祈りとは,,神様にお願いをしちゃあいけない、ってこってす。
ただ、、皆の笑顔をイメージして、感謝の念を飛ばすだけ、、、。☆ー☆/

昨日、お母様に持ち物点検での最終チェックで話していた。
両親には自家製ハーブチンキは渡せない、、^^色々お薬を飲んでるので、ハーブでもあうあわないがあると困るので、、、、。
息子達には,小さい時からささやき続けてる、、、。(でも、彼らは全部しないけど〜^^;)
我が家の海外旅行サバイバルキット!?です。
って、オーバーやなぁ〜〜〜(笑)
海外旅行の我が家の注意点&持ち物:
バンドエイド:
体にいかなる外から侵入する口を作らない、、ということで。少しの傷にもすぐにバンドエイドを!お財布にバンドエイド!

マスク:
飛行機では、何と言われ様が装着の事。口を開けて寝ちゃうかもしれないし(笑)ウイルスのみならず、かびやマイクロプラズマ、寄生虫の卵も浮遊している。

首に巻くもの:
飛行機で。シルクや麻の天然素材の物を。東洋医学では、首の後ろから風邪が入ってくるという。首や胸を守ること。特に麻は、電磁波にもいいとか、、。
飛行機は電磁波の固まりですからね。

手を清潔に:
頻繁に洗う、消毒綿やウェットタオル持参(これは若者の男子はしないなぁ^^)

水:
いいお水を沢山飲む(シニアはおトイレがいやで、水をセーブしちゃいますが、努めて飲む事)ペットボトルは常時カバンに。。たまにうがいする事。

塩:
ちょっと持ってると便利。水に溶かして消毒に使える。うがいや切り傷に。

お薬 etc:
*フランキンセンス&ミルラチンキ
*Thieves(young living essential oil)空気中の浮遊菌を殺す効果あり。マスクにつけたり,ティッシュにつけて。

*お腹の薬ー体にあった消化薬(我が家は和漢薬、三光丸が常備品)
我が家の秘薬のTチンキ(寄生虫や菌に。食中毒やお腹系に強力対応)
*梅干しor梅エキス〜〜!
*ショウガのパウダー
*ニンニクのパウダー

他に、バファリンなどの解熱剤や、葛根湯などの初期用の風邪薬など、、。
追記ー注意:すんません!バファリンは小児用です。安全性を考えて,アセトアミノフェンがいいです。タイラノールもアセト系です。
解熱剤は、緊急用と捉えて!飲み過ぎて低体温になるとやばいです!
老人の8度以上の熱で辛い時。若者は9度以上で頭痛などあって辛い時のみ用いる。熱が出るのは、自己自然治癒してますから。)


まず、便秘しないよう 対応を!
(男子はまずこれは心配ない!、、女性は特に気をつけて!私はマグネシウムを下剤にしてる。エプソムソルトが安全で安価でよい。たっぷりの水で、飲む時間は必ず夜に!そりゃそうや〜笑)

旅行中 お腹に気をつけて、胃腸が調子良いとまず大丈夫です〜!

では、よい旅を〜〜!
by caelumselfhealing | 2009-09-26 12:42 | self-healing
<< 俵屋に泊まるという体験 #2 俵屋に泊まるという体験 >>