俵屋に泊まるという体験 #2

俵屋さんの 主人(アルジさん)は女主人。

建物や空間の美しさやおもてなしの凄さもさることながら、アメニティなど主さんのこだわりが随所に見受けられる。

まず、第一に、おふとん!
特注のマットに布団に枕にリネン類、、、天然の素材らしい。
とっても〜心地よい最上品だった!
持って帰りたいと真剣に思ったわ〜!

仲居さん(この方はただ者ではない,,と思う。きっとベテランさん)曰く、お客様でよくそうおっしゃって注文される方がいらっしゃるとか、、。それも,外国へ、、!

”お厭いない、、”とは、ほんに このことを言うのね、、、。

b0167153_10502487.jpg


シーツが麻なのが、最高!気持よかった事!贅沢品です!
それに、またまた、、マットがいい!、、固いのんです!これがおふとん?と思う位、、。

そして、、
主さんのこだわりで良かったことの 一〜二位の甲乙つけがたいのが、お風呂!

一見、ただの内風呂か,,と思いきや、、、あなどるなかれ、、、これこそ、俵屋さん!

見ると、少々見劣りする外観なのだけれど、入ると深くてどっぷり浸かれ、
(192cmの夫でも悠々だった!)めちゃ気持よいお風呂であった!☆ー☆/

檜風呂と思ってたけど、、、妙にお湯が滑らかでいいので、何だろうと思ってたら、高野槙のお風呂だった!
高野槙は、檜よりさらによいと言われてる,,、、生まれて始めて入った。

これにはびっくり、、へたな温泉よりあったまって気持がよかった!

また、窓の切り方、,見せ方も、さすがであった!
う〜〜〜ん、さすがやわ俵屋さん!感心しきりな私^^.

b0167153_1057534.jpg


温度計が。お風呂に入れるとぷかぷか浮く。お風呂好きには嬉しい備品。こういうとこ よく気がつかれるよなぁ〜〜!
b0167153_1104758.jpg


タオルも、石けん、しゃんぷーなども、主さんがこだわってメーカーと協賛しての特注品。

全て自然にこだわって作られたそう。

タオルはほどよい厚さで水分をうまくふきとれる、、ほんに ほどがよいってのが感じられる品。

ゆかた&たび靴下(靴下は俵屋デザインです。お持ち帰り出来ます)があります。
そして、気持よかったのが、
ガーゼの寝間着。ガーゼッてとこが、さすがでした。

主さんこだわりの品々は、お手作りの器達(かいらしくって、みんな小さいのです)、初め他のアメニティ類などナチュラル派で、我らにはとっても嬉しいものでした!

主さん、,,お話によるととっても素敵な方らしい,,,一度お目にかかりたいものである♡

そして,ライブラリーへ!
b0167153_11513732.jpg

主さんのご主人様は、アーネスト サトウとおっしゃるカメラマン。大学の教授もされてたようです。
もう亡くなっておられる。
今はご主人の書斎をライブラリーとして開放されてる。2階にある。これがまた素敵!


コーヒーと紅茶など、、小さい台所で自由に頂ける。カップは,ズラ〜〜ッと並ぶは、、
ワ〜〜イ マイセンやん〜♪


次に、宿泊者を!
b0167153_1111335.jpg


日本の政治家や文化人多数。
International clientsは
各国の王族の方、
King of Sweden,
Queen of Denmark,
Queen of Holland,
Monacoの王女様
又,世界的な画家に音楽家に、学者や作家にエトセトラ、、。
Jean Paul Sartre,Bernstein ,Yo Yo Ma
映画スターも多数。
有名な話では、リチャード ギアにトムクルーズが日本に来る時は定宿だとか、、。

さて。。。
俵屋さんと言う所は、入ってすぐには、”古い建物ね〜〜,博物館みたい〜〜,”なんて事だけ思ってしまうのだけど、、、
お部屋に入って実際に座って、それこそ泊まるという体験をして行くうちに、段々と俵屋さんの良さが体感出来、その魅力に引き込まれて行く。

窓の切り方も、実際に座ってみて、その切り方の美しさやそこでの居心地の良さに気づく、、。
(ま、そりゃあ、、設計や施行も一流所だし、、。外見だけでなく実用性もかんがえられているのんやわ、、)

お風呂も入ってみて、その、良さに気づく。
出されるお茶の加減も、、、などなど、、とかね、、。

一度は泊まってみたい宿シリーズの中で、やはり,ダントツのトップです。
これならヨーロッパからのお客様にも大満足して頂ける事でしょう!

もう一回泊まってみたい、、それも連泊したい宿ですわ!

そうそう、最後になったけど、、、ここで、ものすごく感心した事を、、、

お食事で、おつけもの(ぬか漬け)が出たんだけど、それがものすご美味しかったのです。
(勿論 お食事も大変美味しくいただきましたよ、、)
で、聞くと、この間入った15才の板前のみならいさん(?)の子が一生懸命つけているそうだ。
ウ〜〜〜感激です!15才で!、、、がんばってるんだな〜〜!ウルウルきましたわ!

山科なすとキュウリのお漬け物でしたが、ほどよい塩味とつかり具合で最高でした。

ウ〜〜〜ン 弟子入りしたい!(笑)

朝の、梅干しも絶品でした。嬉しい事に昨今の甘い梅干しと違いほんまの梅干し!
若い人(板前さん)で作られるそうだ。

あ〜〜〜〜〜、話がつきません〜〜〜!でも、ここらへんで、、、。
また、11月お客様をお連れする時に書きますね!
あ,,その時は我らは泊まらないでお家に帰ります。残念〜〜(^^;)
by caelumselfhealing | 2009-09-29 12:03 | 日本編:一度は泊まってみたい宿
<< 無事でなによりなにより〜♪ Bon Voyage!よい旅を〜〜! >>