暑い時のお鍋

     美々卯のうどんすき<美々卯のパンフレットより>
b0167153_2372898.jpg




冷やすか冷やすべからず?!、、、前回の記事の続きです。

この間の土曜日の事、長男が今日は家にいるというので、おじいちゃんおばあちゃんを呼んでお食事会をする事にしました。

暑くって、、ダラ〜〜〜っとしている私を見て、
”久しぶりに美々卯のうどんすきが食べたいな、、それならお母さんも楽やろ?”
と言ってくれたのです!

b0167153_238198.jpg


ううううう,優しいなぁ〜!
でも、この暑さの中お鍋?

お年寄りはこの暑さで熱中症にならないようにとばかり、
体を冷やす事に気を使っていたのに、大丈夫かしら??
ま、大のお気に入りの孫が言うと全てよしとなるから、いいかっ!!!

(ちなみに、美々卯のうどんすきはお持ち帰り出来ます。また、我家ではおうどん=小麦粉類は常食は致しません。でも、好きなので、、たまの時々ですね)



チョビット不安だったのだけれども、、、
ところがところが、、、暑い時にいただくうどんすきはとっても美味しくって、
おじいちゃんおばあちゃんも食が進み、暑い時の暑い物がこんなに食欲が出ていい物だとは!と
大好評でした。

皆、汗をかきかきふ〜ふ〜言っていただいていたのですが、体の奥にこもっている真の暑さがすっ飛んで行ったようでしたよ!

さすが我が息子、、暑い夏の乗切り方をよく知ってる事!
暑い中、建物の中で仕事している人にとっては、クーラーの中で一日を過ごすんですもの、、、
そろそろガツンと暖めないとね!

さてさて、前回の続きですが、、、、自律神経を調整する為にはどうするか、、
*陽の食べ物を摂る。
陽の食品は、体暖め食品ですね。うめぼし、しょうが、にんにく、根ヤサイ、味噌、玄米、など、、<また後日詳しく記事にしますね。
*エクササイズ、、
スクワット、歩く、コアマッスルを鍛える、、
*半身浴や温泉、ゆっくり中から汗をかく
*腹巻き、
お腹を触って暖かい状態にする。<暑くってもお腹を触ったら冷たくないですか?>
*お灸
手のツボに(特に下半身)<こちらも、また後日記事にしますね!

、、、、と、やはり、自律神経を調整する為には体を暖める事だったんですね!

>>>余談ながら、*水の飲み過ぎにも注意しましょうね!水毒になっちゃってません?そしてお塩も適量摂りましょね!<<<<

で、今晩は、また又お鍋!
鱧しゃぶしました。

大阪は、タマネギとするのです。

b0167153_2383037.jpg


京都はおすまし汁に、鱧をしゃぶしゃぶしてあとお野菜をいれますが、
大阪では、タマネギと鱧が相性がいいと、タマネギをどっさり入れた所に鱧をいれます。
おつゆは同じくおすまし汁です。
おつゆが湧いて来たら、ここに鱧をしゃぶしゃぶします。
あと、お豆腐を入れたり、、、あれば、松茸などめちゃくちゃ合います!

b0167153_239622.jpg

薬味は、柚子胡椒、紫蘇、わけぎなど。




b0167153_239266.jpg


尚、鱧の旬は夏、、一番は7月の祇園祭頃が美味しいと言われています。
あとは、10月の旬の最後の時期もいいそうです。
今日のは、徳島産でしたが、少し大きくって大降りのお味でした。やっぱり、7月がいいですね。
by caelumselfhealing | 2010-09-01 22:49
<< オーガニックガーデン:2010年夏 冷やすべきか冷やすべからずか、、?! >>